笑いのツボ『#30_百万ポンド紙幣』和訳

あらすじ

 私は自分が一文無しであることを彼女に話した。私がこれまでの経緯を話すと、どこが琴線に触れたのか、彼女はことあるごとに大笑いをした。

マーク・トウェイン「百万ポンド紙幣」記事一覧 #1~

百万ポンド紙幣(対訳)
主語述語

Well, I was perfectly honest and square with her; told her I hadn’t a cent in the world but just the million-pound note she’d heard so much talk about, and it didn’t belong to me; and that started her curiosity, and then I talked low, and told her the whole history right from the start, and it nearly killed her, laughing.

The £1,000,000 Bank-note

 私は彼女に対して誠実だった
 私は彼女が耳にしたであろう百万ポンド紙幣以外に、1セントも持っていないことを彼女に話した。その紙幣が私のものでない事も一緒に。
 その告白に、彼女は興味を持った
 だから私は全ての出来事をすっかり彼女に話した。その話を聞いて、彼女は息ができないほど笑った。

What in the nation she could find to laugh about, I couldn’t see, but there it was; every half minute some new detail would fetch her, and I would have to stop as much as a minute and a half to give her a chance to settle down again.

The £1,000,000 Bank-note

 この話の何が面白かったのか、私にはわからなかった。しかし私の話がことあるごとに彼女を笑わせた
 私はたびたび話を止めて、彼女に落ち着く時間を与えなければならなかった。

Why, she laughed herself lame, she did indeed; I never saw anything like it.

The £1,000,000 Bank-note

 彼女はお腹を痛めるほど笑った
 私は実際にお腹を痛める人を初めて見た。

I mean I never saw a painful story—a story of a person’s troubles and worries and fears—produce just that kind of effect before.

The £1,000,000 Bank-note

 人の困難、悩み、恐怖といった苦しい物語がそんな結果をもたらすなんて見たことが無かった

Reference : The £1,000,000 Bank-note by Mark Twain(project gutenberg)
Japanese translation