遠い存在『#33_百万ポンド紙幣』和訳

あらすじ

 私はアメリカ公使のディナーパーティーでミス・ランガムと出会い、自分の現状を隠さず話して愛の告白をした。その帰り道、私はヘイスティングスが何を言ってもボンヤリとしていた。

マーク・トウェイン「百万ポンド紙幣」記事一覧 #1~

百万ポンド紙幣(対訳)
主語述語

Were my doubts dissipated? Was my confidence restored? You may judge by this fact: privately I raised my salary to twelve hundred the first year on the spot. But I didn’t tell her; I saved it for a surprise.

The £1,000,000 Bank-note

 私の疑念は晴れたのだろうか?私の信用は回復したのだろうか?
 あなたはこの事実によって判断できるかもしれない。
 私はひそかに会談の場で初年度の給料を1200に増やした。
 しかし、私は彼女に話さなかった。私は彼女を驚かすためにそれをとっておいた。

All the way home I was in the clouds, Hastings talking, I not hearing a word. When he and I entered my parlour he brought me to myself with his fervent appreciations of my manifold comforts and luxuries.

The £1,000,000 Bank-note

 帰りの道中、私は上の空だった。ヘイスティングスが話しても、私は何も耳に入らなかった。
 彼と私が応接室に入ったとき、彼は私を正気に戻した。彼がいくつもの必需品と贅沢品を熱心に鑑賞したせいで。

‘Let me just stand here a little and look my fill! Dear me, it’s a palace; it’s just a palace! And in it everything a body could desire, including cozy coal fire and supper standing ready. Henry, it doesn’t merely make me realise how rich you are; it makes me realise to the bone, to the marrow, how poor I am—how poor I am—and how miserable, how defeated, routed, annihilated!’

The £1,000,000 Bank-note

「私をここに暫く置いて、好きなだけ見させてください!
 いやはや、豪華な建物ですね。まさに豪邸です!人が望むもの全てがあって、暖かい石炭の火や夕食まで準備されている。
 ヘンリー、この光景を見ると、あなたがどんなに裕福かわかります。それだけでなく、それは私に骨の髄まで悟らせます。私がどれほど貧しく、みじめで、あなたに完敗したのかを!」

Reference : The £1,000,000 Bank-note by Mark Twain(project gutenberg)
Japanese translation