砂上の楼閣『#34_百万ポンド紙幣』和訳

あらすじ

 ヘイスティングスと話をして、私は夢から覚めて、今の生活は借りものなのだと思い知ることとなった。好きな人ができても、私は将来に何の保証も無いのだ。舞い上がっていた気持ちから一転して、私は目の前が真っ暗になった。

マーク・トウェイン「百万ポンド紙幣」記事一覧 #1~

百万ポンド紙幣(対訳)

Plague take it! this language gave me the cold shudders.

The £1,000,000 Bank-note

「ちくしょう!」この言葉が私に悪寒を引き起こした。

It scared me broad awake, and made me comprehend that I was standing on a half-inch crust, with a crater underneath.

The £1,000,000 Bank-note

 それが私を怖がらせて、すっかり目が覚めた。そして私は理解した。自分が薄氷の上に立っているのだと。

I didn’t know I had been dreaming—that is, I hadn’t been allowing myself to know it for a while back; but now—oh, dear! Deep in debt, not a cent in the world, a lovely girl’s happiness or woe in my hands, and nothing in front of me but a salary which might never—oh, would never—materialise! Oh, oh, oh, I am ruined past hope; nothing can save me!

The £1,000,000 Bank-note

 私は気づいていなかった。私は夢を見ていたのだ。私は自分自身に気づくことを許していなかったのだ。
 しかし、今、ああ!借金があり、一文無しなのに、いとしい少女の将来がこの手にかかっている。将来の展望は、もらえる保証のない給料だけだ!
 ああ、ああ、私は希望を打ち砕かれた。何の希望も無い!

Reference : The £1,000,000 Bank-note by Mark Twain(project gutenberg)
Japanese translation