オプション『#36_百万ポンド紙幣』和訳

あらすじ

 ヘイスティングスが私の体調不良を心配するので、私は記憶が定かでない原因を白状した。最愛の女性を見つけてボンヤリしていたからだと。彼はその出会いに喜んでくれて、私をとがめなかった。
 その後、彼はもう一度自分の失敗を話してくれた。その話をまとめると、こういうことだった。
 彼はthe Gould and Curry Extensionの選択売買権を持っていて、それを自分の才覚で高く売り込み、仕入れ値以上の儲けを出そうとしていた。しかし全財産を費やしても購入者が見つからず、その選択売買権がもうすぐ期限切れになるということだった。
 ヘイスティングスはその権利を元値でいいから買ってくれないかと私に頼んだ。

選択売買権=一定期間中にあらかじめ定められた価格で売買できる権利

マーク・トウェイン「百万ポンド紙幣」記事一覧 #1~

百万ポンド紙幣(対訳)

Then it all flashed on me, and I owned up, like a man.

The £1,000,000 Bank-note

その時、ディナーパーティーでの出会いが頭をよぎり、私はいさぎよく白状した。

‘I took the dearest girl in this world—prisoner!’

The £1,000,000 Bank-note

「私は最愛の女性を見つけました。心奪われました!」

So then he came with a rush, and we shook, and shook, and shook till our hands ached; and he didn’t blame me for not having heard a word of a story which had lasted while we walked three miles.

The £1,000,000 Bank-note

すると彼は私に駆け寄り、私たちはお互いの手が痛くなるまで握手した。
彼はとがめなかった。帰宅中に彼が話し続けた3マイルにも及ぶ長話を一言も聞いていなかった私のことを。

He just sat down then, like the patient, good fellow he was, and told it all over again.

The £1,000,000 Bank-note

彼は行儀のよい病人のように腰を下ろして、再びすべてを打ち明けた。

Synopsised, it amounted to this: He had come to England with what he thought was a grand opportunity; he had an ‘option’ to sell the Gould and Curry Extension for the ‘locators’ of it, and keep all he could get over a million dollars.

The £1,000,000 Bank-note

まとめると、こういう事だった。
彼は絶好の機会だと考えてイングランドにやって来た。
彼は事業者の代わりにthe Gould and Curry Extensionを売って、百万ドルを超えた分を自分のものにできる選択売買権を持っていた。

He had worked hard, had pulled every wire he knew of, had left no honest expedient untried, had spent nearly all the money he had in the world, had not been able to get a solitary capitalist to listen to him, and his option would run out at the end of the month.

The £1,000,000 Bank-note

彼は懸命に働いた。あらゆる手を尽くし、後ろ暗い手段を使わずに、ほぼ全財産を費やして、たった一人の資産家さえ捕まえられなかった。
彼の選択売買権は今月末に切れる。

In a word, he was ruined.

The £1,000,000 Bank-note

一言で言えば、彼は破産した。

Then he jumped up and cried out:

The £1,000,000 Bank-note

仕事の失敗を話し終えると、彼はとびあがって叫んだ。

‘Henry, you can save me! You can save me, and you’re the only man in the universe that can. Will you do it? Won’t you do it?’

The £1,000,000 Bank-note

「ヘンリー、あなたは私を救えます!
あなたは私を救えるこの世で唯一の人です。
助けてくれますか?ダメですか?」

‘Tell me how. Speak out, my boy.’

The £1,000,000 Bank-note

「助ける方法を言ってください」

‘Give me a million and my passage home for my ‘option’! Don’t, don’t refuse!’

The £1,000,000 Bank-note

「私に百万ドルを与えて故郷に帰してください。私の選択売買権と交換で。どうか、どうか断らないで!」

Reference : The £1,000,000 Bank-note by Mark Twain(project gutenberg)
Japanese translation