ひらめき『#37_百万ポンド紙幣』和訳

あらすじ

 ヘイスティングスに助けを求めらたとき、私は借金を告白して断ろうとした。その時、私はあるアイデアを閃き、頭が熱くなった。
 興奮した気持ちを静めてから、私は彼に助けると約束した。

マーク・トウェイン「百万ポンド紙幣」記事一覧 #1~

百万ポンド紙幣(対訳)

I was in a kind of agony.

The £1,000,000 Bank-note

 私は苦悩した。

I was right on the point of coming out with the words, ‘Lloyd, I’m a pauper myself—absolutely penniless, and in debt!’

The £1,000,000 Bank-note

 私はまさに告白するところだった。「ロイド、私は生活困窮者で、本当に一文無しで、借金があるのです!」と言って。

But a white-hot idea came flaming through my head, and I gripped my jaws together, and calmed myself down till I was as cold as a capitalist.

The £1,000,000 Bank-note

 しかし、強烈なアイデアを閃いた。私は自分の口をおさえて、気持ちを鎮めた。資本主義者のように冷静になるまで。

Then I said, in a commercial and self-possessed way:

The £1,000,000 Bank-note

 それから、私は言った。営業用の冷静な口調で。

‘I will save you, Lloyd——’

The £1,000,000 Bank-note

「あなたを助けましょう、ロイド」

‘Then I’m already saved! God be merciful to you for ever! If ever I——’

The £1,000,000 Bank-note

「助かった!神があなたに幸いをもたらしますように!私が……」

Reference : The £1,000,000 Bank-note by Mark Twain(project gutenberg)
Japanese translation