鉱山の価値『#38_百万ポンド紙幣』和訳

あらすじ

 私はヘイスティングスを助けることにした。いつもと同じ方法を使って。
 たとえ私が無一文だとしても、私は自分のお金を動かすことなく彼を助けることができるのだ。つまり、私の「信用」を使って、彼を儲けさせるのだ。

マーク・トウェイン「百万ポンド紙幣」記事一覧 #1~

百万ポンド紙幣(対訳)

‘Let me finish, Lloyd. I will save you, but not in that way; for that would not be fair to you, after your hard work, and the risks you’ve run.

The £1,000,000 Bank-note

「最後まで聞いてください。私はあなたを助けます。
 しかし、別の方法です。私が買い取ってしまうのは公平ではありません。あなたの働きと、あなたが冒したリスクを考えると」

I don’t need to buy mines; I can keep my capital moving, in a commercial centre like London, without that; it’s what I’m at, all the time; but here is what I’ll do.

The £1,000,000 Bank-note

「私は鉱山を買う必要がありません。
 ロンドンのような商業の中心地においては、私が鉱山を買わずとも、あなたにお金を集めることができるのです。
 それは私がいつもしていて、これからすることです」

I know all about that mine, of course; I know its immense value, and can swear to it if anybody wishes it.

The £1,000,000 Bank-note

「当然、私はその鉱山について何でも知っていますし、その莫大な価値も理解しています。誰かに求められれば、その価値が真実だと断言できます」

You shall sell out inside of the fortnight for three millions cash, using my name freely, and we’ll divide, share and share alike.’

The £1,000,000 Bank-note

「私の名前を使えば、あなたは二週間以内に売り切って三百万ドルを手に入れるでしょう。そして山分けにしましょう」

Reference : The £1,000,000 Bank-note by Mark Twain(project gutenberg)
English – Japanese language, parallel translation