騒動の裏側『#40_百万ポンド紙幣』和訳

あらすじ

 ロンドンが鉱山の話題でにぎわっている間、私はアメリカ公使の家で毎晩ポーシャと過ごした。公使の家族は私と彼女の関係を察したようだが、公使本人には隠してくれた。

マーク・トウェイン「百万ポンド紙幣」記事一覧 #1~

百万ポンド紙幣(対訳)

Meantime I spent all my evenings at the minister’s with Portia.

The £1,000,000 Bank-note

 その間、私はアメリカ公使のところでポーシャと毎晩過ごした。

I didn’t say a word to her about the mine; I saved it for a surprise.

The £1,000,000 Bank-note

 私は彼女に例の鉱山について一言も言わなかった。驚かすためにとっておいたのだ。

We talked salary; never anything but salary and love; sometimes love, sometimes salary, sometimes love and salary together.

The £1,000,000 Bank-note

 私たちは給料の話をした。給料と愛情の話しかしなかった。
 時には愛情の話をして、時には給料の話をした。そして時々、両方一緒に話した。

And my! the interest the minister’s wife and daughter took in our little affair, and the endless ingenuities they invented to save us from interruption, and to keep the minister in the dark and unsuspicious—well, it was just lovely of them!

The £1,000,000 Bank-note

 そして、ああ!アメリカ公使の妻と娘が私たちの関係に興味を持った。
 彼らは私たちが邪魔されないように、公使に知られないように骨を折ってくれた。ありがたいことに!

Reference : The £1,000,000 Bank-note by Mark Twain(project gutenberg)
English – Japanese language, parallel translation