希望の職『#46_百万ポンド紙幣』和訳

あらすじ

 どうしてポーシャが私の悲劇を笑い飛ばすことができたのか、やっとわかった。私に紙幣を渡した紳士が彼女自身の継父だったからだ。
 直前に、私は紳士が提供する立場を断っていた。しかし、その言葉を撤回して、私は紳士の義理の息子の立場を望んだ。

マーク・トウェイン「百万ポンド紙幣」記事一覧 #1~47

百万ポンド紙幣(対訳)

She walked to my man, got up in his lap, put her arm round his neck, and kissed him right on the mouth.

The £1,000,000 Bank-note

 彼女は紳士の方に歩み寄り、彼の膝に乗って、彼の首に自らの腕を回した。そして彼の口にキスをした。

Then the two old gentlemen shouted with laughter, but I was dumfounded, just petrified, as you may say. Portia said:

The £1,000,000 Bank-note

 そのとき、二人の老紳士たちは笑い声をあげた。
 私は唖然として、文字通り石化した。

‘Papa, he has said you haven’t a situation in your gift that he’d take; and I feel just as hurt as——’

The £1,000,000 Bank-note

「パパ、彼はパパが与える職には就かないそうです。私は心が痛いです」

‘My darling! is that your papa?’

The £1,000,000 Bank-note

「いとしい人!あなたのパパなのですか?」

‘Yes; he’s my step-papa, and the dearest one that ever was. You understand now, don’t you, why I was able to laugh when you told me at the minister’s, not knowing my relationships, what trouble and worry papa’s and Uncle Abel’s scheme was giving you?’

The £1,000,000 Bank-note

「はいそうです。彼は私の継父で、大切な人です。
 公使のところで、私たちの関係を知らずに、パパとアベル叔父さんの陰謀があなたをどれだけ不安にさせたかを聞いたときに、どうして私が笑うことができたのかわかったでしょう?」

Of course I spoke right up, now, without any fooling, and went straight to the point.

The £1,000,000 Bank-note

 当然、私は自分の意見を率直に話した。偽ることなく。

‘Oh, my dearest dear sir, I want to take back what I said. You have got a situation open that I want.’

The £1,000,000 Bank-note

「ああ、親愛なる閣下、私は自分の発言を撤回したいと思います。
 あなたは私が望む立場を空席にしています」

‘Name it.’

The £1,000,000 Bank-note

「その立場の名前を言いなさい」

‘Son-in-law.’

The £1,000,000 Bank-note

「義理の息子の立場です」

Reference : The £1,000,000 Bank-note by Mark Twain(project gutenberg)
English – Japanese language, parallel translation