カテゴリー
ピーターラビット

田舎のネズミ『#1_ジョニーのおはなし』

あらすじ

ある時、田舎生まれのティミーウィリーは野菜の詰まったカゴに忍び込み、野菜を食べて、そのまま眠ってしまった。カゴが持ち上げられた時にティミーウィリーは目覚めたのだが、彼を入れたままカゴは荷車に乗せられて、どこへともなく運ばれていった。

next page:ジョニーのおはなし#2

list of articles : ピーターラビットシリーズの記事

#1 The Tale of Johnny Town-Mouse 日本語訳
主語述語・修飾語

Johnny Town-mouse was born in a cupboard.

The Tale of Johnny Town-Mouse by Beatrix Potter

町ネズミのジョニーは食器棚で生まれたネズミだ。

Timmy Willie was born in a garden.

The Tale of Johnny Town-Mouse by Beatrix Potter

ティミーウィリーは庭で生まれたネズミだ。

Timmy Willie was a little country mouse who went to town by mistake in a hamper.

The Tale of Johnny Town-Mouse by Beatrix Potter

ティミーウィリーは小さな田舎のネズミだった
彼は手違いで町へ行ってしまったのだ。

The gardener sent vegetables to town once a week by carrier; he packed them in a big hamper.

The Tale of Johnny Town-Mouse by Beatrix Potter

庭師は週に一度、運び屋を使って野菜を町へ届けていた
彼は大きなカゴに野菜を詰めた

The gardener left the hamper by the garden gate, so that the carrier could pick it up when he passed.

The Tale of Johnny Town-Mouse by Beatrix Potter

庭師は庭の通用口にカゴを置いた
運び屋が来た時にカゴを持っていけるように

Timmy Willie crept in through a hole in the wicker-work, and after eating some peas—Timmy Willie fell fast asleep.

The Tale of Johnny Town-Mouse by Beatrix Potter

ティミーウィリーは隙間を通って枝編みカゴに忍び込み
いくらかマメを食べた後で熟睡してしまった

He awoke in a fright, while the hamper was being lifted into the carrier’s cart.

The Tale of Johnny Town-Mouse by Beatrix Potter

カゴが運び屋の荷台に持ち上げられると、
ティミーウィリーはギョッとして目を覚ました

Then there was a jolting, and a clattering of horse’s feet; other packages were thrown in; for miles and miles—jolt—jolt—jolt!

The Tale of Johnny Town-Mouse by Beatrix Potter

その後、別の小包が荷台に投げ入れられて、
何マイルも馬に揺られた。

and Timmy Willie trembled amongst the jumbled up vegetables.

The Tale of Johnny Town-Mouse by Beatrix Potter

ティミーウィリーはごちゃ混ぜの野菜の中で震えていた。

source: The Tale of Johnny Town-Mouse by Beatrix Potter
出典:町ねずみジョニーのおはなし
著者:ビアトリクス・ポター
Japanese translation
This site helps you learn Japanese