カテゴリー
ピーターラビット

町ネズミの晩餐『#3_ジョニーのおはなし』和訳

今回のあらすじ

田舎ネズミのティミー・ウィリーが逃げた先では、町ネズミたちが晩餐会を開いていた。
突然の出会いに、最初は互いに驚いたのだが、ジョニー・タウンマウスの仕切りでお互いに名乗りあって、ともにディナーの席についた。

the preceding page:ジョニーのおはなし#2

the following page:ジョニーのおはなし#4

the contents page : ピーターラビットシリーズの記事一覧

#3 The Tale of Johnny Town-Mouse 日本語訳
主語述語・修飾語

He dropped half a foot, and crashed into the middle of a mouse dinner party, breaking three glasses.

The Tale of Johnny Town-Mouse by Beatrix Potter

ティミー・ウィリーは半フィート落下して、ネズミの晩餐会の中に落ちて、3つのグラスを割った

—”Who in the world is this?” inquired Johnny Town-mouse.

The Tale of Johnny Town-Mouse by Beatrix Potter

どこのどなた?ジョニー・タウンマウスは尋ねた。

But after the first exclamation of surprise he instantly recovered his manners.

The Tale of Johnny Town-Mouse by Beatrix Potter

最初の悲鳴の後でジョニーはすぐに我に返った

With the utmost politeness he introduced Timmy Willie to nine other mice, all with long tails and white neckties.

The Tale of Johnny Town-Mouse by Beatrix Potter

極めて礼儀正しくジョニー・タウンマウスはティミー・ウィリーを他の9匹のネズミたちに紹介した。そのネズミたちは長い尻尾をもち、白いネクタイをしめていた。

Timmy Willie’s own tail was insignificant.

The Tale of Johnny Town-Mouse by Beatrix Potter

ティミー・ウィリー自身の尻尾はとても短かった

Johnny Town-mouse and his friends noticed it;

The Tale of Johnny Town-Mouse by Beatrix Potter

ジョニー・タウンマウスと彼の友人たちはティミー・ウィリーの尻尾が短いことに気がついた

but they were too well bred to make personal remarks;

The Tale of Johnny Town-Mouse by Beatrix Potter

しかし彼らは十分な教育を受けていて、失礼なことを言わなかった

only one of them asked Timmy Willie if he had ever been in a trap?

The Tale of Johnny Town-Mouse by Beatrix Potter

彼らの内の一匹だけがティミー・ウィリーに、罠にかかったことがあるのか尋ねた

The dinner was of eight courses; not much of anything, but truly elegant.

The Tale of Johnny Town-Mouse by Beatrix Potter

8品からなるディナーだったので、大したものではなかったが、本当に上品なディナーだった。

All the dishes were unknown to Timmy Willie, who would have been a little afraid of tasting them; only he was very hungry, and very anxious to behave with company manners.

The Tale of Johnny Town-Mouse by Beatrix Potter

料理はすべてティミー・ウィリーが見たことのない物だった
彼は空腹で、正しい作法にも自信が無かったので、それらを味わうことに躊躇していた。

The continual noise upstairs made him so nervous, that he dropped a plate.

The Tale of Johnny Town-Mouse by Beatrix Potter

階上から頻繁に聞こえる物音がティミー・ウィリーを緊張させたせいで、彼は皿を落としてしまった

“Never mind, they don’t belong to us,” said Johnny.

The Tale of Johnny Town-Mouse by Beatrix Potter

気にしないでください。それは私たちの食器ではありません」ジョニーは言った。

reference : The Tale of Johnny Town-Mouse by Beatrix Potter (project gutenberg)
Japanese translation

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。