カテゴリー
ピーターラビット

町ネズミの晩餐『#3_ジョニーのおはなし』

あらすじ

ティミーウィリーは逃げた先で町のネズミたちに出会った。町ネズミはみんな長い尻尾を持っていて、ティミーウィリーだけが短い尻尾だった。町ネズミたちはそのことに気がついていたが、あえて指摘するような不作法者はいなかった。
ティミーウィリーはディナーの席で、極度の緊張から皿を落としてしまった。

previous page:ジョニーのおはなし#2

next page:ジョニーのおはなし#4

list of articles : ピーターラビットシリーズの記事一覧

#3 The Tale of Johnny Town-Mouse 日本語訳
主語述語・修飾語

He dropped half a foot, and crashed into the middle of a mouse dinner party, breaking three glasses.

The Tale of Johnny Town-Mouse by Beatrix Potter

ティミーウィリーは半フィート落下し、ネズミの晩餐会の真っただ中に墜落し、三つのグラスを割ってしまった。

—”Who in the world is this?” inquired Johnny Town-mouse.

The Tale of Johnny Town-Mouse by Beatrix Potter

「どこのどなたですか?」
町ネズミのジョニーが尋ねた。

But after the first exclamation of surprise he instantly recovered his manners.

The Tale of Johnny Town-Mouse by Beatrix Potter

しかし驚きの声を上げた後で、ジョニーはすぐに冷静さを取り戻した

With the utmost politeness he introduced Timmy Willie to nine other mice, all with long tails and white neckties.

The Tale of Johnny Town-Mouse by Beatrix Potter

とても丁寧に、ジョニーは9匹のネズミをティミーウィリーに紹介した。彼らは皆ながい尻尾と白いネクタイを持っていた。

Timmy Willie’s own tail was insignificant.

The Tale of Johnny Town-Mouse by Beatrix Potter

ティミーウィリーの尻尾はとても短かった

Johnny Town-mouse and his friends noticed it;

The Tale of Johnny Town-Mouse by Beatrix Potter

町ネズミのジョニーと彼の友人はそれに気がついた

but they were too well bred to make personal remarks;

The Tale of Johnny Town-Mouse by Beatrix Potter

しかし彼らはそれに直接言及しない程度には育ちが良かった

only one of them asked Timmy Willie if he had ever been in a trap?

The Tale of Johnny Town-Mouse by Beatrix Potter

彼らの中の一人が、これまでに罠にかかったことがあるのかとティミーウィリーに尋ねた

The dinner was of eight courses; not much of anything, but truly elegant.

The Tale of Johnny Town-Mouse by Beatrix Potter

ディナーは8品のコース料理だった。大したものではなかったが、実に洗練されていた。

All the dishes were unknown to Timmy Willie, who would have been a little afraid of tasting them; only he was very hungry, and very anxious to behave with company manners.

The Tale of Johnny Town-Mouse by Beatrix Potter

全ての皿はティミーウィリーにとって未知のものだった
彼はとても空腹だったが、余所行きの態度で振舞いたいと思っていて、それらを味合うのに少々腰が引けていた。

The continual noise upstairs made him so nervous, that he dropped a plate.

The Tale of Johnny Town-Mouse by Beatrix Potter

階上の物音が彼を緊張させたせいで、彼は皿を落としてしまった

“Never mind, they don’t belong to us,” said Johnny.

The Tale of Johnny Town-Mouse by Beatrix Potter

「気にしないでください。それらは我々の所有物ではないのですから」ジョニーは言った。

source: The Tale of Johnny Town-Mouse by Beatrix Potter
出典:町ねずみジョニーのおはなし
著者:ビアトリクス・ポター
Japanese translation
This site helps you learn Japanese