カテゴリー
ピーターラビット

長閑な田舎生活『#6_ジョニーのおはなし』

今回のあらすじ

ティミーウィリーは長閑な田舎の生活をジョニーに語る。雨が降れば巣穴の中で食べ物の殻をむいたり、鳥を眺めるのです。晴れた時の庭と花々をあなたに見てほしい。
ジョニーは歓待が喜ばれなかったことにガッカリして、田舎の生活に戻ることを勧めた。

previous page:ジョニーのおはなし#5

next page:ジョニーのおはなし#7

list of articles : ピーターラビットシリーズの記事一覧

#6 The Tale of Johnny Town-Mouse 日本語訳
主語述語・修飾語

“When it rains, I sit in my little sandy burrow and shell corn and seeds from my Autumn store.

The Tale of Johnny Town-Mouse by Beatrix Potter

ティミーウィリー)「雨が降った時には、
私は小さな砂の巣穴の中で座り、秋にため込んだ穀物や種の殻をむきます」

I peep out at the throstles and blackbirds on the lawn, and my friend Cock Robin.

The Tale of Johnny Town-Mouse by Beatrix Potter

ティミーウィリー)「芝生にいるウタツグミやクロウタドリや友人のコックロビンを眺めます」

And when the sun comes out again, you should see my garden and the flowers—roses and pinks and pansies—no noise except the birds and bees, and the lambs in the meadows.”

The Tale of Johnny Town-Mouse by Beatrix Potter

ティミーウィリー)「そして太陽が再び顔を出した時、鳥や虫や牧草地のヤギの声しか聞こえない私の庭と花々(バラやナデシコやパンジー)をぜひ見てください。」

“There goes that cat again!” exclaimed Johnny Town-mouse.

The Tale of Johnny Town-Mouse by Beatrix Potter

「あの猫がまた来ます!」町ネズミのジョニーが突然叫んだ。

When they had taken refuge in the coal-cellar he resumed the conversation;

The Tale of Johnny Town-Mouse by Beatrix Potter

彼らが石炭貯蔵庫に避難し終えると、彼は会話を仕切りなおした。

“I confess I am a little disappointed; we have endeavoured to entertain you, Timothy William.”

The Tale of Johnny Town-Mouse by Beatrix Potter

ジョニー)「白状すると、少々ガッカリしています。我々はあなたを持て成そうと努めてきました、ティモシーウィリアム」

“Oh yes, yes, you have been most kind; but I do feel so ill,” said Timmy Willie.

The Tale of Johnny Town-Mouse by Beatrix Potter

「ええ、わかっています。あなたはとても親切でした。しかし私はとても気分が悪いのです」ティミーウィリーは言った。

“It may be that your teeth and digestion are unaccustomed to our food; perhaps it might be wiser for you to return in the hamper.”

The Tale of Johnny Town-Mouse by Beatrix Potter

ジョニー)「あなたの歯と胃袋は我々の食べ物に慣れていないのでしょう。カゴに入って元の生活に戻ったほうがいいのかもしれません」

“Oh? Oh!” cried Timmy Willie.

The Tale of Johnny Town-Mouse by Beatrix Potter

「ええ!?」ティミーウィリーは叫んだ。

“Why of course for the matter of that we could have sent you back last week,” said Johnny rather huffily—”did you not know that the hamper goes back empty on Saturdays?”

The Tale of Johnny Town-Mouse by Beatrix Potter

「当たり前の事ですが、我々はあなたを先週送り返すことができました。土曜日に空っぽのカゴが戻ることを知らなかったのですか?」ジョニーはやや不愛想に言った。

source: The Tale of Johnny Town-Mouse by Beatrix Potter
出典:町ねずみジョニーのおはなし
著者:ビアトリクス・ポター
Japanese translation
This site helps you learn Japanese