カテゴリー
ピーターラビット

田舎に帰る『#7_ジョニーのおはなし』

今回のあらすじ

ティミーウィリーは空のカゴに入り、田舎へと無事に帰り着いた。ジョニーが田舎にやってくると聞いていたので何度かカゴを見に行ったのだが、一向に訪れる気配が無かった。
冬が過ぎて町での記憶が薄れた頃、ジョニーが田舎にやってきた。

previous page:ジョニーのおはなし#6

next page:ジョニーのおはなし#8

list of articles : ピーターラビットシリーズの記事一覧

#7 The Tale of Johnny Town-Mouse 日本語訳
主語述語・修飾語

So Timmy Willie said good-bye to his new friends, and hid in the hamper with a crumb of cake and a withered cabbage leaf; and after much jolting, he was set down safely in his own garden.

The Tale of Johnny Town-Mouse by Beatrix Potter

ティミーウィリーは新しい友人にサヨナラを言って、ケーキの欠片と萎びたレタスの葉を持ち、カゴに隠れた
そして荷馬車に揺られた後、彼は自分の庭に無事降ろされた

Sometimes on Saturdays he went to look at the hamper lying by the gate, but he knew better than to get in again.

The Tale of Johnny Town-Mouse by Beatrix Potter

土曜日に何度か彼は門の前に置いてあるカゴを見に行ったが、再び入らないくらいの分別はあった

And nobody got out, though Johnny Town-mouse had half promised a visit.

The Tale of Johnny Town-Mouse by Beatrix Potter

誰もカゴから出てこなかった
町ネズミのジョニーが訪問を匂わせていたのだが

The winter passed; the sun came out again; Timmy Willie sat by his burrow warming his little fur coat and sniffing the smell of violets and spring grass.

The Tale of Johnny Town-Mouse by Beatrix Potter

冬が過ぎ、太陽が顔を出した。
ティミーウィリーは彼の巣穴のそばで座り、毛皮を温め、スミレや春の草の匂いを嗅いでいた。

He had nearly forgotten his visit to town.

The Tale of Johnny Town-Mouse by Beatrix Potter

彼は町に滞在したことをほとんど忘れていた

When up the sandy path all spick and span with a brown leather bag came Johnny Town-mouse!

The Tale of Johnny Town-Mouse by Beatrix Potter

その時、整備された砂の道を通って、茶色のレザーバッグを持って、町ネズミのジョニーがやって来た

source: The Tale of Johnny Town-Mouse by Beatrix Potter
出典:町ねずみジョニーのおはなし
著者:ビアトリクス・ポター
Japanese translation
This site helps you learn Japanese