丘の住人『#3_ミセス・ティギーウィンクルのおはなし』

あらすじ

 ハンカチを探して丘を登ったルーシーは小さな足跡を見つけた。彼女が足跡をたどっていくと、丘に扉がついていて、中で誰かが歌っていた。

ビアトリクス・ポター「ピーターラビット」記事一覧(8シリーズ)

ミセス・ティギーウィンクルのおはなし(対訳)

Presently she came to a spring, bubbling out from the hill-side.

The Tale of Mrs. Tiggy-Winkle

 やがて、ルーシーは湧き水にたどり着きました。その水は丘の中腹から湧き出していました。

  • self study
  • 湧き水の場所には何があったの?
  • What was there?

Some one had stood a tin can upon a stone to catch the water—but the water was already running over, for the can was no bigger than an egg-cup!

The Tale of Mrs. Tiggy-Winkle

 誰かが石の上にブリキの缶を置いて、湧き水を溜めていました。
 しかし缶の水はすでに溢れていました。その缶がエッグカップほどの大きさしかなかったからです!

  • 誰がその缶を置いたの?
  • who put that can?

And where the sand upon the path was wet—there were foot-marks of a very small person.

The Tale of Mrs. Tiggy-Winkle

 小道の濡れた場所には、とても小さな足跡がありました。

  • 足跡を見つけて、ルーシーはどうしたの?
  • What did she do then?

Lucie ran on, and on.

The Tale of Mrs. Tiggy-Winkle

 ルーシーは足跡を追いかけました。

  • その足跡はどこに続いていたの?
  • Where did the foot-marks lead her?

The path ended under a big rock.

The Tale of Mrs. Tiggy-Winkle

 その小道は大きな岩の下で途切れました。

  • そこには何があったの?
  • What was there?

The grass was short and green, and there were clothes—props cut from bracken stems, with lines of plaited rushes, and a heap of tiny clothes pins—but no pocket-handkerchiefs!

The Tale of Mrs. Tiggy-Winkle

 芝生は手入れがされていました。
 そしてシダの茎から作られた物干し柱に、イグサを編んだロープが付いていて、たくさんの小さな洗濯ばさみもありました。しかしハンカチはありません!

But there was something else—a door! straight into the hill; and inside it some one was singing—

The Tale of Mrs. Tiggy-Winkle

 他にもありました。扉です!丘の内側に繋がっていて、中で誰かが歌っていました。

  • それはどんな歌だったの?
  • What kind of song was that?

“Lily-white and clean, oh!
With little frills between, oh!
Smooth and hot—red rusty spot
Never here be seen, oh!”

The Tale of Mrs. Tiggy-Winkle

「真っ白できれい!
小さなフリルもついていて!
やわらかくて、あたたかくて、シミ一つありません!」

Reference : The Tale of Mrs. Tiggy-Winkle by Beatrix Potter(project gutenberg)
English – Japanese parallel translation and language learning