一段落『#9_ミセス・ティギーウィンクルのおはなし』

EFL_tiggy9

あらすじ

 洗濯物を干し終えて、ルーシーとミセスティギーウィンクルはベンチに座ってお茶にした。

site map “The Tale of Peter Rabbit”

ミセス・ティギーウィンクルのおはなし(対訳)

And she hung up all sorts and sizes of clothes—small brown coats of mice; and one velvety black moleskin waist-coat; and a red tailcoat with no tail belonging to Squirrel Nutkin; and a very much shrunk blue jacket belonging to Peter Rabbit; and a petticoat, not marked, that had gone lost in the washing—and at last the basket was empty!

The Tale of Mrs. Tiggy-Winkle

 そして彼女はいろいろな種類・大きさの洗濯物をつるしました。
 ネズミの小さなブラウンコート、
 そして、なめらかな黒いモールスキンのウエストコート、
 そして、リスのナトキンの赤いテイルコート、
 そして、ピーターラビットの縮んだブルージャケット、
 そして、印のないペチコート、洗った時に印が外れてしまったのです。
 そうしてようやく、洗濯籠はカラになりました!

Then Mrs. Tiggy-winkle made tea—a cup for herself and a cup for Lucie.

The Tale of Mrs. Tiggy-Winkle

 それから、ミセスティギーウィンクルは自分とルーシーにお茶をいれました。

They sat before the fire on a bench and looked sideways at one another.

The Tale of Mrs. Tiggy-Winkle

 二人は暖炉の前のベンチに座って、横向きで見つめあいました。

Mrs. Tiggy-winkle’s hand, holding the tea-cup, was very very brown, and very very wrinkly with the soap-suds; and all through her gown and her cap, there were hair-pins sticking wrong end out; so that Lucie didn’t like to sit too near her.

The Tale of Mrs. Tiggy-Winkle

 ミセスティギーウィンクルの手は、テーカップを持つ手ですが、とてもとても茶色く、水仕事でシワシワでした。
 彼女のガウンとキャップには、逆さまに突き出したヘアピンだらけだったので、ルーシーは彼女のすぐ隣には座りたくなかったのです。

Reference : The Tale of Mrs. Tiggy-Winkle by Beatrix Potter(project gutenberg)
English – Japanese parallel translation and language learning