カテゴリー
ピーターラビット

父ウサギの悲劇『#1 ピーターラビットのおはなし』和訳

今回のあらすじ

4匹の子ウサギ達が母ウサギと一緒に暮らしていた。ある朝、母ウサギは小ウサギ達に注意事項を伝えてからパン屋へと向かった。ミスターマクレガーの庭に行ってはいけません。父ウサギがパイにされてしまった場所だから。

following page:ピーターラビットのおはなし#2

contents : ピーターラビットシリーズの記事一覧


the tale of peter rabbit 日本語訳
主語述語・修飾語

Once upon a time there were four little Rabbits, and their names were Flopsy, Mopsy, Cotton-tail, and Peter.

The Tale of Peter Rabbit by Beatrix Potter

むかしむかし、4匹の子ウサギがいた彼らの名前はフロプシー、モプシー、コットンテイル、そしてピーターだった。
(修飾語once upon a time むかしむかし)

They lived with their Mother in a sand-bank, underneath the root of a very big fir-tree.

The Tale of Peter Rabbit by Beatrix Potter

彼らはとても大きなモミの木の根の下にある砂丘に母親と一緒に住んでいた
(動詞live with ~と同居する)

‘Now my dears,’ said old Mrs. Rabbit one morning, ‘you may go into the fields or down the lane, but don’t go into Mr. McGregor’s garden: your Father had an accident there; he was put in a pie by Mrs. McGregor.’

The Tale of Peter Rabbit by Beatrix Potter

ある朝、オールドミセスラビットが言った。「さあ、子供たち、あなたたちは野原に行ったり、小道の向こうに行くかもしれませんが、ミスターマクレガーの庭に入ってはいけません
あなたたちの父親はそこで災難にあいました。彼はミセスマクレガーによってパイにされてしまったのです」
(動詞may do …but… ~かもしれないが…)

‘Now run along, and don’t get into mischief. I am going out.’

The Tale of Peter Rabbit by Beatrix Potter

母ウサギ)「さあ、行きなさい。悪戯をしないように。私は出かけます」
(動詞get into mischief いたずらをする)

Then old Mrs. Rabbit took a basket and her umbrella, and went through the wood to the baker’s.

The Tale of Peter Rabbit by Beatrix Potter

それからオールドミセスラビットはバスケットと傘を持って、森を通ってパン屋へ向かった

She bought a loaf of brown bread and five currant buns.

The Tale of Peter Rabbit by Beatrix Potter

母ウサギはブラウンブレッド1斤と、干しブドウの丸パン5つを購入した
(名詞a loaf ひと塊のパン)

source:The Tale of Peter Rabbit by Beatrix Potter
出典:ピーターラビットのおはなし
著者:ビアトリクス・ポター
Japanese translation
This site helps you learn Japanese