カテゴリー
ピーターラビット

生意気なリスの末路『#6 ナトキンのおはなし』

あらすじ

六日目にリス達は別れの贈り物を持ってきた。ナトキンはいつもと同じようにオールドブラウンをからかったが、相変わらずオールドブラウンは反応しなかった。ナトキンはますます調子に乗り、そして彼はオールドブラウンの頭に飛び乗った。

previous page:ナトキンのおはなし#5

list of articles : ピーターラビットシリーズの記事

#6 the tale of squirrel nutkin 日本語訳
主語述語・修飾語

On the sixth day, which was Saturday, the squirrels came again for the last time; they brought a new-laid egg in a little rush basket as a last parting present for Old Brown.

The Tale of Squirrel Nutkin, by Beatrix Potter

六日目は土曜日だった。
リス達は最後にもう一度島に行った。
彼らは餞別としてラッシュバスケットに入れて生みたて卵を持っていった。

But Nutkin ran in front laughing, and shouting—

The Tale of Squirrel Nutkin, by Beatrix Potter

ナトキンは笑って前に飛び出し、叫んだ。

“Humpty Dumpty lies in the beck,
With a white counterpane round his neck,
Forty doctors and forty wrights,
Cannot put Humpty Dumpty to rights!”

The Tale of Squirrel Nutkin, by Beatrix Potter

「Humpty Dumptyが白い掛け布団を巻いて横になっている
40人の医者、40人の大工はHumpty Dumptyを直すことができない」

Now old Mr. Brown took an interest in eggs; he opened one eye and shut it again. But still he did not speak.

The Tale of Squirrel Nutkin, by Beatrix Potter

オールドミスターブラウンは卵に興味を持った。
彼は片眼を開き、再び閉じた。
それでも彼は喋らなかった。

Nutkin became more and more impertinent—

The Tale of Squirrel Nutkin, by Beatrix Potter

 ナトキンはますます生意気になった。

“Old Mr. B! Old Mr. B!
Hickamore, Hackamore, on the King’s kitchen door;
All the King’s horses, and all the King’s men,
Couldn’t drive Hickamore, Hackamore,
Off the King’s kitchen door.”

The Tale of Squirrel Nutkin, by Beatrix Potter

「オールドミスターB!
王のキッチンドアにHickamore, Hackamore
王の馬も兵士もキッチンドアからHickamore,Hackamoreを動かすことができない」

Nutkin danced up and down like a sunbeam; but still Old Brown said nothing at all.

The Tale of Squirrel Nutkin, by Beatrix Potter

ナトキンは太陽光のように踊った。
それでもオールドブラウンは何も言わなかった。

Nutkin began again—

The Tale of Squirrel Nutkin, by Beatrix Potter

ナトキンは再び始めた。

“Arthur O’Bower has broken his band,
He comes roaring up the land!
The King of Scots with all his power,
Cannot turn Arthur of the Bower!”

The Tale of Squirrel Nutkin, by Beatrix Potter

「Arthur O’Bowerは束縛を引きちぎった
彼は轟きを上げて島に上陸する
全力を出したスコットランドの王でもAurhur of the Bowerの向きを変えることができない」

Nutkin made a whirring noise to sound like the wind, and he took a running jump right onto the head of Old Brown!…

The Tale of Squirrel Nutkin, by Beatrix Potter

ナトキンは風のような音をだした。
そして彼はオールドブラウンの頭に飛び乗った!

Then all at once there was a flutterment and a scufflement and a loud “Squeak!”

The Tale of Squirrel Nutkin, by Beatrix Potter

するとたちまち、大騒ぎと取っ組み合いになった。

The other squirrels scuttered away into the bushes.

The Tale of Squirrel Nutkin, by Beatrix Potter

ナトキン以外のリス達は茂みに逃げ込んだ。

When they came back very cautiously, peeping round the tree—there was Old Brown sitting on his door-step, quite still, with his eyes closed, as if nothing had happened.

The Tale of Squirrel Nutkin, by Beatrix Potter

リス達が引き返して、木を回り込んで覗き見ると、
オールドブラウンはまるで何事もなかったかのように目を閉じてドアステップに座っていた。

But Nutkin was in his waistcoat pocket!

The Tale of Squirrel Nutkin, by Beatrix Potter

ナトキンは彼のチョッキのポケットに居た。

This looks like the end of the story; but it isn’t.

The Tale of Squirrel Nutkin, by Beatrix Potter

この光景が物語の結末であればいいのだが、そうはならない。

Old Brown carried Nutkin into his house, and held him up by the tail, intending to skin him; but Nutkin pulled so very hard that his tail broke in two, and he dashed up the staircase and escaped out of the attic window.

The Tale of Squirrel Nutkin, by Beatrix Potter

オールドブラウンはナトキンを家に運び込み、皮を剥ごうとして尻尾を持って彼を持ち上げた。
しかしナトキンが激しく尻尾を引っ張ったので尻尾は二つに裂けた。
彼は階段を駆け上がり、屋根裏の窓から外に逃げ出した。

And to this day, if you meet Nutkin up a tree and ask him a riddle, he will throw sticks at you, and stamp his feet and scold, and shout—”Cuck-cuck-cuck-cur-r-r-cuck-k-k!”

The Tale of Squirrel Nutkin, by Beatrix Potter

もしもあなたが木に登って彼と出会いナゾナゾを尋ねるなら、
彼はあなたに枝を投げて地団太を踏んで叫ぶだろう。

source:The Tale of Squirrel Nutkin, by Beatrix Potter
出典:リスのナトキンのおはなし
著者:ビアトリクス・ポター
Japanese translation
This site helps you learn Japanese