カテゴリー
ピーターラビット

無駄が出ないほどカツカツ『#2_グロスターの仕立屋』

あらすじ

クリスマスの時期に、仕立屋はグロスター市長のための高価な上着を作り始めた。彼は無駄がでないよう生地を切り取り、どうしても出てしまう生地の切れ端はネズミ用の服にしかできないほど僅かだった。

previous page:グロスターの仕立屋#1

next page:グロスターの仕立屋#3

list of articles : ピーターラビットシリーズの記事一覧

#2 THE TAILOR OF GLOUCESTER 日本語訳
主語述語・修飾語

One bitter cold day near Christmastime the tailor began to make a coat—a coat of cherry-coloured corded silk embroidered with pansies and roses, and a cream coloured satin waistcoat—trimmed with gauze and green worsted chenille—for the Mayor of Gloucester.

THE TAILOR OF GLOUCESTER BY BEATRIX POTTER

クリスマス間近の寒さ厳しい或る日、
仕立屋はグロスター市長のためにパンジーとローズが刺繍された桜色のシルクのコートと、ガーゼとグリーンウーステッドシェニールで飾り付けられたクリーム色のサテンのウエストコートを作り始めた

The tailor worked and worked, and he talked to himself.

THE TAILOR OF GLOUCESTER BY BEATRIX POTTER

仕立屋は作業に没頭し、独り言を言った

He measured the silk, and turned it round and round, and trimmed it into shape with his shears; the table was all littered with cherry-coloured snippets.

THE TAILOR OF GLOUCESTER BY BEATRIX POTTER

彼はシルク生地の大きさを測り、生地を回転させて、ハサミで形を整えた
テーブルはピンク色の切りくずでいっぱいだった

“No breadth at all, and cut on the cross; it is no breadth at all; tippets for mice and ribbons for mobs! for mice!” said the Tailor of Gloucester.

THE TAILOR OF GLOUCESTER BY BEATRIX POTTER

「余白がない。無駄なく切らなければ。ネズミ用のティペットとリボンの生地しか残らない」グロスターの仕立屋は言った。

When the snow-flakes came down against the small leaded window-panes and shut out the light, the tailor had done his day’s work; all the silk and satin lay cut out upon the table.

THE TAILOR OF GLOUCESTER BY BEATRIX POTTER

粉雪が窓ガラスにつき、光を遮ると、仕立屋は仕事を終えた
シルク生地とサテン生地はカットされた状態でテーブルの上に置かれていた。

Source : THE TAILOR OF GLOUCESTER BY BEATRIX POTTER
出典:グロスターの仕立屋
ビアトリクスポター
Japanese translation
This site helps you learn Japanese