カテゴリー
ピーターラビット

日が暮れて、仕立屋は帰宅する『#3_グロスターの仕立屋』

あらすじ

コートとウエストコートを縫い合わせる準備を整えて、日暮れに仕立屋は仕事を切り上げた。彼は店舗に住みこんでいるわけではないのだ。夜は店に誰もいない。自由に出入りできるネズミを除いて。

previous page:グロスターの仕立屋#2

next page:グロスターの仕立屋#4

list of articles : ピーターラビットシリーズの記事一覧

#3 THE TAILOR OF GLOUCESTER 日本語訳
主語述語・修飾語

There were twelve pieces for the coat and four pieces for the waistcoat; and there were pocket flaps and cuffs, and buttons all in order.

THE TAILOR OF GLOUCESTER BY BEATRIX POTTER

コートの生地が12ピース、ウエストコートの生地が4ピースあった。
ポケットフラップとカフス、そしてボタンがそろっていた。

For the lining of the coat there was fine yellow taffeta; and for the button-holes of the waistcoat, there was cherry-coloured twist.

THE TAILOR OF GLOUCESTER BY BEATRIX POTTER

コートの裏地用に黄色いタフタ生地があり、ウエストコートのボタンホール用に桜色のより紐があった

And everything was ready to sew together in the morning, all measured and sufficient—except that there was wanting just one single skein of cherry-coloured twisted silk.

THE TAILOR OF GLOUCESTER BY BEATRIX POTTER

朝に縫い合わせる準備は万全だった
桜色のシルク糸の束が一つだけ不足していて、それ以外は全て揃っていた。


The tailor came out of his shop at dark, for he did not sleep there at nights; he fastened the window and locked the door, and took away the key.

THE TAILOR OF GLOUCESTER BY BEATRIX POTTER

日が暮れて、仕立屋は店から出た。店で眠らないからだ。
彼は窓を閉めて扉に鍵をかけ、鍵を持って帰った

No one lived there at night but little brown mice, and they run in and out without any keys!

THE TAILOR OF GLOUCESTER BY BEATRIX POTTER

夜は店に誰もいない。小さな茶色ネズミを除いて。
ネズミたちは鍵を使わずに出入りするのだ。

Source : THE TAILOR OF GLOUCESTER BY BEATRIX POTTER
出典:グロスターの仕立屋
ビアトリクスポター
Japanese translation
This site helps you learn Japanese