カテゴリー
ピーターラビット

体調不良の職人『#10_グロスターの仕立屋』

今回のあらすじ

シンプキンはネズミを探し回ったが、キッチンには一匹もいなかった。
仕立て屋は体調を崩し、翌日も、その翌日も回復しなかった。締め切った店舗のなかにある製作途中の上着はどうなるのだろうか。

previous page : グロスターの仕立て屋#9

next page : グロスターの仕立て屋#11

list of articles : ピーターラビットシリーズの記事一覧

#10 THE TAILOR OF GLOUCESTER 日本語訳
主語述語・修飾語

All that night long Simpkin hunted and searched through the kitchen, peeping into cupboards and under the wainscot,

THE TAILOR OF GLOUCESTER BY BEATRIX POTTER

一晩中シンプキンはキッチンを探し回り戸棚や羽目板の下を覗き込んだ

and into the tea-pot where he had hidden that twist; but still he found never a mouse!

THE TAILOR OF GLOUCESTER BY BEATRIX POTTER

自分が紐を隠したティーポットの中まで確認したが、それでもネズミいっぴき見つからなかった

Whenever the tailor muttered and talked in his sleep, Simpkin said “Miaw-ger-r-w-s-s-ch!” and made strange horrid noises, as cats do at night.

THE TAILOR OF GLOUCESTER BY BEATRIX POTTER

仕立て屋が寝言を呟くたびに、シンプキンは夜中にネコがするような唸り声をあげた

For the poor old tailor was very ill with a fever, tossing and turning in his four-post bed;

THE TAILOR OF GLOUCESTER BY BEATRIX POTTER

気の毒に、仕立て屋は熱を出して、ベッドの中で激しく寝返りをうった

and still in his dreams he mumbled—”No more twist! no more twist!”

THE TAILOR OF GLOUCESTER BY BEATRIX POTTER

そして夢の中で呟いた。「紐がない。紐がない!」


All that day he was ill, and the next day, and the next; and what should become of the cherry-coloured coat?

THE TAILOR OF GLOUCESTER BY BEATRIX POTTER

一日中、仕立て屋は体調を崩した。次の日も、その次の日も。桜色のコートはどうなったのだろう?

In the tailor’s shop in Westgate Street the embroidered silk and satin lay cut out upon the table—one-and-twenty button-holes—and who should come to sew them, when the window was barred, and the door was fast locked?

THE TAILOR OF GLOUCESTER BY BEATRIX POTTER

ウエストゲートストリートにある仕立て屋の店舗には刺繍されたシルクとサテンが21個のボタンホールが開けられ、切られて置いてあった
窓が閉ざされ、扉がロックされているのに、いったい誰が生地を縫いに来るというのだろうか?

Source : THE TAILOR OF GLOUCESTER BY BEATRIX POTTER
出典:グロスターの仕立屋
ビアトリクスポター
Japanese translation
This site helps you learn Japanese