カテゴリー
ピーターラビット

店舗の中でネズミが歌う『#13_グロスターの仕立屋』

あらすじ

空腹で彷徨うシンプキンは仕立屋の店舗にたどり着いた。店舗の中から明かりが漏れていて、シンプキンがのぞき込むと、ネズミたちが歌っている姿があった。

next post

#13 THE TAILOR OF GLOUCESTER 英語読み

From the tailor’s shop in Westgate came a glow of light; and when Simpkin crept up to peep in at the window it was full of candles.

THE TAILOR OF GLOUCESTER BY BEATRIX POTTER

ウエストゲートにある仕立屋の店舗から明かりが漏れていた。シンプキンが覗こうと窓に忍び寄ると、蝋燭が灯っていた。

There was a snippeting of scissors, and snappeting of thread; and little mouse voices sang loudly and gaily—
“Four-and-twenty tailors
Went to catch a snail,
The best man amongst them
Durst not touch her tail,
She put out her horns
Like a little kyloe cow,
Run, tailors, run! or she’ll have you all e’en now!”

THE TAILOR OF GLOUCESTER BY BEATRIX POTTER

「24の仕立屋たちが怠け者を捕まえに行った。
彼らの中で一番優秀な者は彼女の尻尾に敢えて触れなかった。
彼女はカイロー牛のように角を出した。
走れ、仕立屋たちよ!彼女は君たちを今まさに食べるつもりだ!」ネズミたちが喧しく歌っていた。

Then without a pause the little mouse voices went on again—
“Sieve my lady’s oatmeal,
Grind my lady’s flour,
Put it in a chestnut,
Let it stand an hour——”

THE TAILOR OF GLOUCESTER BY BEATRIX POTTER

休むことなくネズミたちの声は続けた。
「オート麦をふるいにかけて
粉をひいて
それを栗の実に加えて
1時間放置しよう」

“Mew! Mew!” interrupted Simpkin, and he scratched at the door. But the key was under the tailor’s pillow, he could not get in.

THE TAILOR OF GLOUCESTER BY BEATRIX POTTER

「ニャー!ニャー!」シンプキンは歌を遮り、扉を引っ掻いた。しかし鍵は仕立屋の枕の下にあって、彼は店に入ることができなかった。

The little mice only laughed, and tried another tune—
“Three little mice sat down to spin,
Pussy passed by and she peeped in.
What are you at, my fine little men?
Making coats for gentlemen.
Shall I come in and cut off your threads?
Oh, no, Miss Pussy, you’d bite off our heads!”

THE TAILOR OF GLOUCESTER BY BEATRIX POTTER

ネズミたちはただ笑い、別の曲を始めた。
「三匹の小ネズミが座っていた。
猫が通りがかり、覗き込んだ。
何をしているの?
紳士用コートを作っている。
私が入って、あなたの糸を切りましょうか?
あなたは私たちの頭を齧るからダメです!」

“Mew! Mew!” cried Simpkin. “Hey diddle dinketty?” answered the little mice—
“Hey diddle dinketty, poppetty pet!
The merchants of London they wear scarlet;
Silk in the collar, and gold in the hem,
So merrily march the merchantmen!”

THE TAILOR OF GLOUCESTER BY BEATRIX POTTER

シンプキンの鳴き声にネズミたちは答えた。
「やあ、飼い猫さん!
ロンドンの商人は襟にシルク、裾に金色、そしてスカーレットを身に着けている。
商人たちは楽しそうに歩いていく!」

They clicked their thimbles to mark the time, but none of the songs pleased Simpkin; he sniffed and mewed at the door of the shop.

THE TAILOR OF GLOUCESTER BY BEATRIX POTTER

彼らはリズムをとって指を鳴らした。しかしどの歌もシンプキンを喜ばせなかった。彼は店舗のドアで鼻を鳴らし鳴き声をあげた。

“And then I bought
A pipkin and a popkin,
A slipkin and a slopkin,
All for one farthing——
and upon the kitchen dresser!” added the rude little mice.

THE TAILOR OF GLOUCESTER BY BEATRIX POTTER

「その後私は鍋を買ってきて、キッチンドレッサーに置いたのだ!」ネズミたちは付け加えた。

“Mew! scratch! scratch!” scuffled Simpkin on the window-sill; while the little mice inside sprang to their feet, and all began to shout at once in little twittering voices: “No more twist! No more twist!” And they barred up the window shutters and shut out Simpkin.

THE TAILOR OF GLOUCESTER BY BEATRIX POTTER

シンプキンは鳴き声を上げて窓枠を引っ掻いた。室内のネズミたちは立ち上がり、一斉に叫び始めた。「糸が足りない!糸が足りない!」彼らは窓のシャッターを閉め、シンプキンを締め出した。

But still through the nicks in the shutters he could hear the click of thimbles, and little mouse voices singing—

THE TAILOR OF GLOUCESTER BY BEATRIX POTTER

しかしシャッターの隙間を通して、彼は指貫の音を聞くことができた。ネズミたちは歌っている。

“No more twist! No more twist!”

THE TAILOR OF GLOUCESTER BY BEATRIX POTTER

「糸が足りない!糸が足りない!」

posts list