カテゴリー
ピーターラビット

病み上がりの仕立屋『#14_グロスターの仕立屋』

あらすじ

シンプキンはネズミの恩返しを見て、糸を隠した自分の行動を恥じた。彼は家に戻り、隠していた糸を返却した。眠りから覚めた仕立屋は糸が戻ったのを見て、病み上がりの身体に鞭打ち、自分の店に向かった。

next post

#14 THE TAILOR OF GLOUCESTER 英語読み

Simpkin came away from the shop and went home, considering in his mind.

THE TAILOR OF GLOUCESTER BY BEATRIX POTTER

シンプキンは店から立ち去り、自分の気持ちを整理しながら家へと向かった。

He found the poor old tailor without fever, sleeping peacefully.

THE TAILOR OF GLOUCESTER BY BEATRIX POTTER

彼は仕立屋の老人の熱が収まり、何事もなく眠っているのを見た。

Then Simpkin went on tip-toe and took a little parcel of silk out of the tea-pot, and looked at it in the moonlight; and he felt quite ashamed of his badness compared with those good little mice!

THE TAILOR OF GLOUCESTER BY BEATRIX POTTER

それからシンプキンはそっと移動してティーポットからシルクの包みを取り出して、月明かりの中でそれを見た。彼は善良なネズミたちと比べて、自分の良くない行動を恥じた。


When the tailor awoke in the morning, the first thing which he saw upon the patchwork quilt, was a skein of cherry-coloured twisted silk, and beside his bed stood the repentant Simpkin!

THE TAILOR OF GLOUCESTER BY BEATRIX POTTER

仕立屋が朝目覚めて、パッチワークキルトの上で彼が最初に見たのは、桜色のシルクの糸の束だった。そしてベッドの脇で後悔を示すシンプキンが立っていた。

“Alack, I am worn to a ravelling,” said the Tailor of Gloucester, “but I have my twist!”

THE TAILOR OF GLOUCESTER BY BEATRIX POTTER

「ああ、私は疲れているけれど、糸を持っている!」グロスターの仕立屋は言った。

The sun was shining on the snow when the tailor got up and dressed, and came out into the street with Simpkin running before him.

THE TAILOR OF GLOUCESTER BY BEATRIX POTTER

雪の上で太陽が輝いていて、仕立屋は起き上がり、服を着た。そして前方を走るシンプキンと一緒に路上に出た。

posts list