カテゴリー
ピーターラビット

病み上がりの仕立屋『#14_グロスターの仕立屋』和訳

今回のあらすじ

シンプキンは店から戻ると、自身の行動を省みた。ネズミたちと比べて、なんと愚かなのだろう。彼は恥ずかしくなって、仕立て屋に糸を返した。
翌朝、仕立て屋は発熱から回復し、シンプキンと一緒に家を出た。

previous page : グロスターの仕立て屋#13

following page : グロスターの仕立て屋#15

THE TAILOR OF GLOUCESTER 日本語訳
主語述語・修飾語

Simpkin came away from the shop and went home, considering in his mind.

THE TAILOR OF GLOUCESTER BY BEATRIX POTTER

シンプキンは店から立ち去り、家に戻って考え込んだ

He found the poor old tailor without fever, sleeping peacefully.

THE TAILOR OF GLOUCESTER BY BEATRIX POTTER

家には熱の下がった仕立て屋が静かに眠っていた
(名詞 fever : 発熱)

Then Simpkin went on tip-toe and took a little parcel of silk out of the tea-pot, and looked at it in the moonlight;

THE TAILOR OF GLOUCESTER BY BEATRIX POTTER

シンプキンはつま先立ちで進み、ティーポットからシルクの小包を取り出し、月明かりの中でそれを見つめた

and he felt quite ashamed of his badness compared with those good little mice!

THE TAILOR OF GLOUCESTER BY BEATRIX POTTER

シンプキンは自分の悪さを恥ずかしく思った。善良な小ネズミたちと比べて!
(名詞 badness : 悪いところ)


When the tailor awoke in the morning, the first thing which he saw upon the patchwork quilt, was a skein of cherry-coloured twisted silk, and beside his bed stood the repentant Simpkin!

THE TAILOR OF GLOUCESTER BY BEATRIX POTTER

朝に仕立て屋が起きると、一番最初に彼の目に入ったのは桜色のシルク糸の束だった。そして彼のベッドの近くに心を入れ替えたシンプキンが立っていた
(形容詞 repentant : 後悔している)

“Alack, I am worn to a ravelling,” said the Tailor of Gloucester, “but I have my twist!”

THE TAILOR OF GLOUCESTER BY BEATRIX POTTER

「ああ、私は混乱していますですが糸が手に入りましたグロスターの仕立て屋は言った。

The sun was shining on the snow when the tailor got up and dressed, and came out into the street with Simpkin running before him.

THE TAILOR OF GLOUCESTER BY BEATRIX POTTER

太陽が雪の上で輝いていた仕立て屋は起き上がって身支度を整えた。そしてシンプキンを伴って街路に出て、彼を先導した

Source : THE TAILOR OF GLOUCESTER BY BEATRIX POTTER
出典:グロスターの仕立屋
ビアトリクスポター
Japanese translation
This site helps you learn Japanese