カテゴリー
ピーターラビット

納品日の朝『#15_グロスターの仕立屋』

あらすじ

仕立屋は不足していた糸を持って店舗に向かったが、納品に間に合うよう作業する時間も体力も残っていないことに気づいていた。仕立屋が扉の鍵を開けると、シンプキンがすぐに飛び込んだが、そこにはネズミ一匹いなかった。店舗内は綺麗に掃除されていた。

next post

#15 THE TAILOR OF GLOUCESTER 英語読み

The starlings whistled on the chimney stacks, and the throstles and robins sang—but they sang their own little noises, not the words they had sung in the night.

THE TAILOR OF GLOUCESTER BY BEATRIX POTTER

ムクドリたちが煙突群でさえずり、ウタツグミとロビンたちが歌った。しかし彼らが夜に歌っていた言葉ではなく、鳥のさえずりだった。

“Alack,” said the tailor, “I have my twist; but no more strength—nor time—than will serve to make me one single button-hole; for this is Christmas Day in the Morning! The Mayor of Gloucester shall be married by noon—and where is his cherry-coloured coat?”

THE TAILOR OF GLOUCESTER BY BEATRIX POTTER

仕立屋は言った。「ああ、私は糸を持っています。しかしボタンホールを作るのに役立つほどの体力も時間も足りません。今はクリスマスの朝なのですから!グロスターの市長は午前中までに結婚するでしょう。桜色のコートはどこですか?」

He unlocked the door of the little shop in Westgate Street, and Simpkin ran in, like a cat that expects something.

THE TAILOR OF GLOUCESTER BY BEATRIX POTTER

彼はウエストゲートストリートの店舗のカギを開錠した。すると何かを期待する猫のように、シンプキンが中に走り込んだ。

But there was no one there! Not even one little brown mouse!

THE TAILOR OF GLOUCESTER BY BEATRIX POTTER

しかしそこには小さな茶色のネズミ一匹さえいなかった!

The boards were swept clean; the little ends of thread and the little silk snippets were all tidied away, and gone from off the floor.

THE TAILOR OF GLOUCESTER BY BEATRIX POTTER

ボードは綺麗に掃除されていて、糸くずやシルクの切れ端は綺麗に片づけられていた。

posts list