カテゴリー
ピーターラビット

最も素晴らしい上着『#16_グロスターの仕立屋』

あらすじ

仕立屋が店舗に入ると、生地しか置いてないはずのテーブルに見たことのないほど上等のコートとウエストコートが置いてあった。それらはほとんど完成していたが、ボタンホールが無く、「糸が足りない」と書かれた紙が貼りつけてあった。

posts list

#16 THE TAILOR OF GLOUCESTER 英語読み

But upon the table—oh joy! the tailor gave a shout—there, where he had left plain cuttings of silk—there lay the most beautifullest coat and embroidered satin waistcoat that ever were worn by a Mayor of Gloucester.

THE TAILOR OF GLOUCESTER BY BEATRIX POTTER

仕立屋は喜びの声を上げた。彼がシルクの生地を置き去りにしたテーブルの上には、グロスター市長がこれまで身に着けた中で最も素晴らしいコートと刺繍の施されたサテンのウエストコートが置いてあった。

There were roses and pansies upon the facings of the coat; and the waistcoat was worked with poppies and corn-flowers.

THE TAILOR OF GLOUCESTER BY BEATRIX POTTER

コートの縁飾りはバラとパンジーだった。そしてウエストコートにはポピーとコーンフラワーが施されていた。

Everything was finished except just one single cherry-coloured button-hole, and where that button-hole was wanting there was pinned a scrap of paper with these words—in little teeny weeny writing— NO MORE TWIST

THE TAILOR OF GLOUCESTER BY BEATRIX POTTER

桜色のボタンホールを除いて、全てが完成されていた。ボタンホールの場所に、「糸が足りない」という文字の書かれた紙切れが留められていた。

And from then began the luck of the Tailor of Gloucester; he grew quite stout, and he grew quite rich.

THE TAILOR OF GLOUCESTER BY BEATRIX POTTER

そしてそれから、グロスターの仕立屋は運に恵まれ、彼はすっかり頑強になり、お金持ちになった。

He made the most wonderful waistcoats for all the rich merchants of Gloucester, and for all the fine gentlemen of the country round.

THE TAILOR OF GLOUCESTER BY BEATRIX POTTER

彼はグロスターの裕福な商人と国じゅうの紳士のために素晴らしいウエストコートを作った。

Never were seen such ruffles, or such embroidered cuffs and lappets! But his button-holes were the greatest triumph of it all.

THE TAILOR OF GLOUCESTER BY BEATRIX POTTER

見たこともないラッフルや刺繍されたカフスとラペット!
しかし一番優れていたのはボタンホールだった。

The stitches of those button-holes were so neat—so neat—I wonder how they could be stitched by an old man in spectacles, with crooked old fingers, and a tailor’s thimble.

THE TAILOR OF GLOUCESTER BY BEATRIX POTTER

ボタンホールの縫い目はとても丁寧で、メガネの老人がねじれた指と指貫でどうやって縫っているのかと私は不思議に思う。

The stitches of those button-holes were so small—so small—they looked as if they had been made by little mice!

THE TAILOR OF GLOUCESTER BY BEATRIX POTTER

ボタンホールの縫い目はとても小さく、まるで小さなネズミによって作られていたかのような小ささだった。