カテゴリー
ジキル博士とハイド氏

とある日の散歩道『#3_ジキル博士とハイド氏』

今回のあらすじ ミスターアターソンとミスターリチャードは散歩中に偶然繁華街の裏通りを通った。その裏通りは狭い道だったが、商売で活気があり、華やかな店が並んでいた。人の少ない日曜日でさえ、他の場所よりも輝いて見えた。 pr […]

カテゴリー
ジキル博士とハイド氏

狭い交友関係『#2_ジキル博士とハイド氏』

今回のあらすじ ミスターアターソンにとって、相手に応じて態度を変えないことは簡単なことだったに違いない。なにしろ友人関係ですら、彼の寛容さがあるからこそ成り立っているようなものだったのだから。彼は新たに作り上げる人間関係 […]

カテゴリー
ジキル博士とハイド氏

弁護士の人柄『#1_ジキル博士とハイド氏』

今回のあらすじ 弁護士のミスターアターソンは感情を表に出さない人だった。しかし気心の知れた席で好みのワインを飲むとき等、しばしば感情がこぼれる場面があった。彼は他人に寛大で、道を誤った人に対しても手を差し伸べる人だった。 […]

カテゴリー
ガリバー旅行記

出版秘話『#2_ガリバー旅行記』

今回のあらすじ 旅行記をミスターガリバーから託された友人の独白。ガリバー旅行記を出版するにあたって、航海中の細かな描写を省くことにした。できるだけ多くの人に親しまれるようにと行ったことであるが、ミスターガリバーは許してく […]

カテゴリー
ガリバー旅行記

架空の出版物『#1_ガリバー旅行記』

今回のあらすじ ややこしいのですが、おはなしの中で小説を出版することとなり、その経緯を綴っています。ミスターレムエルガリバーが紀行文を書き、その文章を受け取った彼の親類がミスターガリバーの人となりを読者に説明している文章 […]

カテゴリー
オズの魔法使い3

旅の終わり『#222_オズの魔法使い』

今回のあらすじ ドロシーがシルバーシューズを使うと、一瞬でどこかに移動した。突然別の場所に放り出されて、彼女は草の上で転がった。ドロシーが体を起こすと、そこはカンザスで、目の前に新しい家が建っていた。そしてようやくドロシ […]

カテゴリー
オズの魔法使い3

仲間との別れ『#221_オズの魔法使い』

今回のあらすじ ドロシーは仲間たちと別れのあいさつを交わした。気がつくと、彼女は仲間との別れに涙を流していた。最後にグリンダの親切に感謝を言うと、ドロシーはトトを抱いてシルバーシューズの力を使った。 previous p […]

カテゴリー
オズの魔法使い3

シルバーシューズのチカラ『#220_オズの魔法使い』

今回のあらすじ ドロシーは仲間たちとの出会いを心から喜んでいたが、それでもカンザスへ帰りたかった。グリンダがドロシーに靴の使い方を教えると、ドロシーはすぐに実践することにした。 previous page : オズの魔法 […]

カテゴリー
オズの魔法使い3

もし出会わなければ『#219_オズの魔法使い』

今回のあらすじ 銀の靴の力を使えばカンザスへ帰ることができるとグリンダは話した。もしも最初からそのことを知っていたら、ドロシーは仲間たちと知り合うこともなかったはずだ。案山子は脳を持たず、木こりは錆びついたままで、ライオ […]

カテゴリー
オズの魔法使い3

仲間たちの希望『#218_オズの魔法使い』

今回のあらすじ ドロシーが故郷に帰れば、ライオンは古き森に帰るつもりでいた。グリンダはライオンの希望を聞いて、ゴールデンキャップの三番目の命令を決めた。 previous page : オズの魔法使い#217 next […]