(目標)読書百遍義自ずから見る

「The Wonderful Wizard of Oz」(オズの魔法使い1)


  • ドロシーの小さな家『#1_オズの魔法使い』和訳
    Last Updated on 2022-06-01 storyline/今回のあらすじ ドロシーは叔父叔母と一緒に小さな家に住んでいた。(3)その家には彼らが生活する1部屋と、竜巻用の小さな穴しかなかった。(4) 「T […]
  • 見渡す限り灰色の大地『#2_オズの魔法使い』和訳
    Last Updated on 2021-09-14 今回のあらすじ 太陽によってドロシーの家は塗装が剥げ落ち、家の周りは見渡す限り灰色の大地だった。この場所に来る前は可愛らしい奥さんだったエム叔母さんも、痩せてしまい、 […]
  • ドロシーの家族『#3_オズの魔法使い』和訳
    Last Updated on 2021-09-14 今回のあらすじ ドロシーが灰色にならなかったのはトトのおかげだった。トトは小さな黒い犬で、二人は一日中一緒に遊びまわった。ある日、いつもより空が灰色になり、ヘンリーと […]
  • サイクロンの中心『#4_オズの魔法使い』和訳
    Last Updated on 2021-09-14 今回のあらすじ ドロシーがトトと一緒に地下の穴へと避難しようとしたとき、家が大きく揺れて、彼女は立っていられずに座り込んだ。北風と南風が合流して、ドロシーの住む家がサ […]
  • 恐怖に慣れる『#5_オズの魔法使い』和訳
    Last Updated on 2021-09-14 今回のあらすじ 竜巻に何時間も運ばれているうち、ドロシーはこの状況に慣れた。いつ落下してしまうのかと心配していたが、何事もなく時間が過ぎるので、ドロシーはトトと一緒に […]
  • 美しい緑の大地『#6_オズの魔法使い』和訳
    Last Updated on 2021-09-14 今回のあらすじ 突然の衝撃にドロシーは飛び起きた。彼女は家が動いていないことに気づき、ドアに駆け寄って外を見た。家が地面に着地していて、乾いたカンザスの大平原とは違う […]
  • 不思議な集団との遭遇『#7_オズの魔法使い』和訳
    Last Updated on 2021-09-14 今回のあらすじ ドロシーは近づいてくる怪しい集団に気がついた。成人しているように見えるが、ドロシーと同じような背丈で、全員奇妙な服装だった。男性は青い帽子に青い服、女 […]
  • ドロシーの功績『#8_オズの魔法使い』和訳
    Last Updated on 2021-09-14 今回のあらすじ 怪しい集団はドロシーの家の近くにやってきたが、遠巻きにしてそれ以上近寄ろうとはしなかった。老婦人が一人だけ進み出て、お辞儀をしてから話し始めた。老婦人 […]
  • 北の善良な魔女『#9_オズの魔法使い』和訳
    Last Updated on 2021-09-14 今回のあらすじ ドロシーは家の下から突き出ている足に気づき悲鳴を上げた。北の善良な魔女を名乗る女性は、家の下敷きになった者は東の邪悪な魔女で、彼女に支配されていたマン […]
  • オズに住む4人の魔女『#10_オズの魔法使い』和訳
    Last Updated on 2021-09-14 今回のあらすじ ドロシーはすべての魔女が邪悪な存在だと思っていた。しかしオズに住む4人の魔女の内、半数は善良な魔女であるらしかった。ドロシーは魔女が現代に存在しないと […]
  • 邪悪な魔女の消滅『#11_オズの魔法使い』和訳
    Last Updated on 2021-09-14 今回のあらすじ ドロシーが北の魔女にいろいろと質問していると、近くにいたマンチキンたちが叫び声をあげた。何事かと、彼らが指さす場所を見てみると、邪悪な魔女の姿が無くな […]
  • ホームシック『#12_オズの魔法使い』和訳
    Last Updated on 2021-09-19 今回のあらすじ ドロシーはカンザスへ帰る方法を尋ねたが、オズの国は広い砂漠に囲まれていて、国の外に出られなかった。ドロシーは泣き出して、それにつられてマンチキンたちも […]
  • ドロシーの友人『#13_オズの魔法使い』和訳
    Last Updated on 2021-09-24 今回のあらすじ 北の魔女はエメラルドシティへ行って、オズに助けを求めるようドロシーに助言した。しかし、オズが良い人かどうかはハッキリと答えられなかった。ドロシーは親切 […]
  • オズの住人との別れ『#14_オズの魔法使い』和訳
    Last Updated on 2021-10-04 今回のあらすじ 北の魔女はドロシーのひたいにキスをして、光る印を残した。彼女はドロシーに、オズと会っても恐れずに話をするよう助言して、別れを告げた。マンチキンたちは徒 […]
  • ドロシーの旅支度『#15_オズの魔法使い』和訳
    Last Updated on 2021-10-10 今回のあらすじ ドロシーは空腹を感じて、棚にあるパンを切り分け、小川に水を汲みに行った。トトが鳥に吠えて動かないので迎えに行くと、おいしそうな果物を見つけた。朝食にぴ […]
  • 旅の始まり『#16_オズの魔法使い』和訳
    Last Updated on 2021-10-16 今回のあらすじ ドロシーの履いていた古い革靴では長い旅に耐えられそうもなかった。そこで、魔女の残したシルバーシューズを履いてみると、それは誂えたようにピッタリだった。 […]
  • 東の地の景色『#17_オズの魔法使い』和訳
    Last Updated on 2021-10-28 the summary:今回のあらすじ 黄色いレンガ道の両側には畑が広がっていて、作物が豊かに実っていた。マンチキンたちの家は変わっていて、丸いドーム型だった。青い色 […]
  • 白色は魔女の色『#18_オズの魔法使い』和訳
    Last Updated on 2021-11-05 the summary/今回のあらすじ ドロシーは裕福なマンチキンの家に迎え入れられて、家の主人に食事を振舞われた。彼はドロシーのことをマンチキンに友好的な魔女だと確 […]
  • ドロシーは歓待される『#19_オズの魔法使い』
    Last Updated on 2020-12-14 あらすじ エメラルドシティへの旅路の途中でドロシーは裕福なマンチカンの家に招かれる。彼女は一晩の宿を借り、心のこもった朝食をごちそうになった。エメラルドシティへの道中 […]
  • ドロシーと案山子の出会い『#20_オズの魔法使い』
    Last Updated on 2020-12-14 あらすじ エメラルドシティへの道すがら、ドロシーが柵に腰掛け休んでいると、トウモロコシ畑に突き刺さっている案山子に気がついた。彼女が案山子に描かれた顔を見ていると、な […]
  • 藁の詰まった案山子『#21_オズの魔法使い』
    Last Updated on 2020-12-14 あらすじ ドロシーと案山子は挨拶を交わした。案山子は据え付けられた棒から降ろされることを望んでいて、ドロシーはそれを叶えた。そして頭脳を持っていないので知っていること […]
  • 案山子が唯一恐れるモノ『#22_オズの魔法使い』
    Last Updated on 2020-12-14 あらすじ 案山子は藁の身体が傷つけられることを恐れない。彼が耐えられないのは愚か者だと言われることだけだ。ドロシーは不憫に思い、案山子の力になれるかをオズに尋ねると約 […]
  • 案山子は食事をとらない『#23_オズの魔法使い』
    Last Updated on 2020-12-14 あらすじ エメラルドシティへの道を進むと、以前までの豊かな風景からどんどん寂れた景色に変わっていった。ドロシーたちは昼休憩で食事にした。彼女は案山子にパンを差し出した […]
  • 実家に帰る理由『#24_オズの魔法使い』
    Last Updated on 2020-12-14 あらすじ 案山子はドロシーの住んでいた国のことを彼女に尋ねた。そして魅力的ではない国の話を聞き、なぜ戻りたいと思うのかわからないとシンプルな疑問を口にした。魅力がなく […]
  • 案山子のおはなし1『#25_オズの魔法使い』
    Last Updated on 2020-12-14 あらすじ ドロシーは案山子におはなしをせがんだ。しかし案山子は本当に生まれたばかりで、ほとんど話せることがなかった。彼は自分が作られたときの製作者たちの会話を話し始め […]
  • 案山子のおはなし2『#26_オズの魔法使い』
    Last Updated on 2020-12-14 あらすじ 案山子は農夫によって人間そっくりに作られて、畑に運ばれ、棒に括り付けられた。鳥たちは案山子を見るとすぐに逃げ出し、案山子はそのことに満足感を感じていた。とこ […]
  • 案山子のおはなし3『#27_オズの魔法使い』
    Last Updated on 2020-12-14 あらすじ 案山子は鳥たちから畑を守ることができず、落ち込んでいた。脳を持っていれば優れた人間になったであろうというカラスの慰めを聞き、案山子は脳を手に入れることを決意 […]
  • 昏い森『#28_オズの魔法使い』
    Last Updated on 2020-12-14 あらすじ ドロシー達はエメラルドシティに繋がる深い森に足を踏み入れた。森を進むにつれて暗さが増し、ドロシーは案山子に助けられながら、やっと進むことができた。彼女はとて […]
  • 生き物に必要なこと『#29_オズの魔法使い』
    Last Updated on 2020-12-14 あらすじ ドロシーは休息から目覚め、顔を洗い喉を潤すために水を求めた。ドロシーが必要とするものの大半は、案山子にとって不必要なものだった。手間のかかる日常生活を見て、 […]
  • ブリキ男との邂逅『#30_オズの魔法使い』
    Last Updated on 2020-12-14 あらすじ ドロシーはきしみ音を聞いた。彼女が音のするほうに近づくと、木々が切り開かれていて、斧を持ったブリキの人が立っているのを見つけた。 previous page […]
  • 木こりの悲鳴『#31_オズの魔法使い』
    Last Updated on 2020-12-14 あらすじ ドロシーはブリキ人間に助けを求められた。彼は一年以上助けを求め続けていたそうだ。ドロシーは助ける方法を尋ね、その通りにした。ドロシーと案山子は協力して、ブリ […]
  • ブリキの木こりの望み『#32_オズの魔法使い』
    Last Updated on 2020-12-14 あらすじ 長い間錆びついていたブリキの木こりは、ようやく体の自由を取り戻すことができた。彼はとても礼儀正しく、ドロシー達に何度もお礼をいった。そしてなぜここに居るのか […]
  • 道を切り開く木こりの活躍『#33_オズの魔法使い』
    Last Updated on 2020-12-14 あらすじ ドロシー達は木こりを仲間に加え、再びエメラルドシティに向かって歩き始めた。木こりは通り道をふさぐほど生い茂った木や枝を切り落としながら進み、一行を助けた。知 […]
  • ブリキの木こりの身の上話『#34_オズの魔法使い』
    Last Updated on 2020-12-14 あらすじ 森の中を歩きながら、木こりは自身の身の上話を始めた。彼は木こりの子供として生まれ、そして大人になり、とある女性と結婚を約束した。彼女の結婚条件は新しい家を建 […]
  • ブリキの木こりの身の上話2『#35_オズの魔法使い』
    Last Updated on 2020-12-14 あらすじ 木こりはブリキの手と足と頭を手に入れて、邪悪な魔女の企みを防ぎ切ったのだと考えた。しかしそれは甘い考えだった。胴体もブリキに置き換えた木こりには心があらず、 […]
  • ブリキの木こりの身の上話3『#36_オズの魔法使い』
    Last Updated on 2020-12-14 あらすじ ブリキの身体を手に入れた木こりは錆びないように気を付けていた。しかしある時、嵐に巻き込まれて錆びてしまい、森の中で固まってしまった。動けない間、木こりは心を […]
  • 森の中の唸り声『#37_オズの魔法使い』
    Last Updated on 2020-12-14 あらすじ ドロシー達は森の中の荒れた道を歩き続けた。彼女は森の中の野生動物の声にたびたび驚かされた。エメラルドシティまでの距離を知る者はいなかったが、木こりの父親はそ […]
  • 臆病者の自覚を持つライオン『#38_オズの魔法使い』
    Last Updated on 2020-12-14 あらすじ 突然、森からライオンが飛び出してきて案山子と木こりを叩き飛ばした。トトがライオンに飛び掛かり、ライオンがトトに牙を剥いた。ドロシーはトトの身を案じて飛び出し […]
  • 小さな存在に牙を剥くのは臆病者だけだ『#39_オズの魔法使い』
    Last Updated on 2020-12-14 あらすじ 森から飛び出してきたライオンは、自分が何者に襲い掛かったのかを理解した。彼が吹き飛ばしたのはただのヌイグルミで、彼が爪を立てたのはブリキだった。そして自分が […]
  • 生まれついての臆病者『#40_オズの魔法使い』
    Last Updated on 2020-12-14 あらすじ 自分は臆病者なのだというライオンの告白にドロシー達は驚いた。彼は生まれついての臆病者で、危険を感じると勝手に鼓動が速くなるのだと涙を流した。 previou […]
  • ライオンは勇気が欲しい『#41_オズの魔法使い』
    Last Updated on 2020-12-14 あらすじ ドロシー達の目的を聞き、ライオンは偉大なオズに勇気を貰えるかもしれないと考えた。彼らの願いを叶えるのと同じくらい簡単な願いのはずだ。そして彼は同行を願い出た […]
  • ライオンの役割『#42_オズの魔法使い』
    Last Updated on 2020-12-14 あらすじ ドロシーはライオンの加入を歓迎した。たとえ臆病な気質を持っているとしても、他の生物はライオンを恐れて襲ってこないはずだから。 previous page : […]
  • ブリキの木こりの教訓『#43_オズの魔法使い』
    Last Updated on 2020-12-14 あらすじ ブリキの木こりは歩くときも注意深く在らねばならないという教訓を得た。そして道の上でアリを見つけると跨いで避けた。良心を持たない木こりは、悪の道に進まないよう […]
  • 食料が底をつく『#44_オズの魔法使い』
    Last Updated on 2020-12-14 あらすじ ドロシー達は森の中で野宿をしなければならなかった。ドロシーは大きな木の下で火を熾して暖を取り、最後のパンを食べた。朝食の目途が立たなかったので、ライオンが狩 […]
  • 野宿の様子『#45_オズの魔法使い』
    Last Updated on 2020-12-14 あらすじ 野宿するために森の中で火を焚いて、ドロシーはバスケットに残った最後のパンを食べた。案山子は火が燃え移るのを嫌がり、木の実を拾ってバスケットに詰めた。彼の不器 […]
  • 森の中で立ち往生『#46_オズの魔法使い』
    Last Updated on 2020-12-14 あらすじ ドロシー達は森の中を走る大きな地割れに行き当たった。飛び越えられないほど幅広で、這い降りれないほど切り立った地面に彼らは行く手を阻まれた。何か案を思いつかな […]
  • ライオンは地割れを飛び越える『#47_オズの魔法使い』
    Last Updated on 2020-12-14 あらすじ ライオンは地割れの幅を測り、跳び越えることができると言った。そして一人ずつ背中に乗せて飛び越えることになった。最初に運ぶのは、落下しても平気な案山子だった。 […]
  • ライオンの活躍で苦難を越える『#48_オズの魔法使い』
    Last Updated on 2020-12-14 あらすじ ライオンはドロシー達を一人ずつ背中に乗せて地割れを飛び越えた。息を切らせたライオンのために暫く休憩し、彼らは再び歩き始めた。彼らはこの森に終わりがあるのかと […]
  • 案山子のカシコイ案『#49_オズの魔法使い』
    Last Updated on 2020-12-14 あらすじ ドロシー達は前回よりも大きな地割れに行き当たった。ライオンは一目で飛び越えることができないものだと悟った。彼らが考えるなか、案山子が一案を出した。頭脳を持た […]
  • 臆病なライオンの覚悟『#50_オズの魔法使い』
    Last Updated on 2020-12-14 あらすじ 地面の割れ目に橋を架けて、ドロシー達は地割れの向こう側に進み始めた。すると彼らはカリダ達がこちらに走ってくることに気がついた。ライオンがカリダ達に対して吠え […]
  • 案山子の最良のアイデア『#51_オズの魔法使い』
    Last Updated on 2020-12-15 あらすじ 独りで立ち向かおうとするライオンを止めて、案山子は橋として崖にかかっている木を切るように木こりへ頼んだ。カリダ達が橋を渡り終える前に木こりは木を切り終えて、 […]
  • 森を抜け、河を越えればエメラルドシティは目の前『#52_オズの魔法使い』
    Last Updated on 2020-12-15 あらすじ カリダとの遭遇によって、ドロシー達は森を出なければならないという思いを強めた。彼らは足早に森を歩き、だんだんと木々が薄れていった。そしてついに彼らは大河を挟 […]
  • 丸太の筏に乗り込む『#53_オズの魔法使い』
    Last Updated on 2020-12-15 あらすじ 昏い森を抜けて眼前に広がる明るい土地に向かうために、ドロシー達は筏で大河を越えようとしていた。彼らはブリキの木こりが作った筏に乗り込んだ。ライオンの重さに筏 […]
  • 漂流『#54_オズの魔法使い』
    Last Updated on 2020-12-15 あらすじ ドロシー達は筏に乗って河を渡り始めた。河の中ほどまで進むと、強い流れが筏を押し流した。このまま流されれば、彼らは西の邪悪な魔女の縄張りに入り、望みを叶えられ […]
  • 残された案山子『#55_オズの魔法使い』
    Last Updated on 2020-12-15 あらすじ 案山子は棒を使って川底を押して、筏を前に進めようとした。しかし棒が川底に突き刺さり、案山子の身体は筏から離れ、河の中に突き立つ棒に取り残された。 previ […]
  • 河からの脱出『#56_オズの魔法使い』
    Last Updated on 2020-12-15 あらすじ ライオンは川に飛び込んで泳ぎ始めた。筏の上では木こりがライオンの尻尾をしっかりと掴み、ライオンはその状態で筏を引っ張り、彼らはやっとのことで急流を脱した。岸 […]
  • 川向こうの土地『#57_オズの魔法使い』
    Last Updated on 2020-12-15 あらすじ 黄色レンガの道に戻るため、ドロシー達は川に沿って歩き始めた。河を越えた先は緑豊かな美しい土地で、案山子に対する罪悪感がなければ彼らは自然を堪能しることができ […]
  • 川の中の案山子『#58_オズの魔法使い』
    Last Updated on 2020-12-15 あらすじ ドロシー達は案山子と離れ離れになった場所まで戻ってきた。河の真ん中に突き立つ棒と案山子を見て、どうすれば助けられるのかを考えるが良い案が浮かばない。川岸から […]
  • 案山子の体重『#59_オズの魔法使い』
    Last Updated on 2020-12-15 あらすじ コウノトリは河に置き去りにされた案山子の事を聞き、彼を助けることを請け負った。そして河へ飛び、案山子を掴んで岸へと戻った。 previous page : […]
  • 親切なコウノトリ『#60_オズの魔法使い』
    Last Updated on 2020-12-15 あらすじ コウノトリの助けを借りて、案山子は仲間たちと合流することができた。案山子は川で失意の底に居たが、コウノトリに救われて、彼女に必ず恩返しをすると決心した。 p […]
  • 美しい花畑『#61_オズの魔法使い』
    Last Updated on 2020-12-15 あらすじ ドロシー達は美しい花々を眺めながら、ポピーの群生地を歩いた。 previous page : オズの魔法使い#60 next page : オズの魔法使い# […]
  • 危険な花の群生地『#62_オズの魔法使い』
    Last Updated on 2020-12-15 あらすじ ドロシー達はポピーの群生地の中に居た。ポピーの匂いを嗅いでいると眠ってしまい、離れなければ眠り続けることになることは有名だ。しかしドロシーはそれを知らず、だ […]
  • ドロシーは眠りに落ちる『#63_オズの魔法使い』
    Last Updated on 2020-12-15 あらすじ 一行はドロシーが眠りに落ちるその時まで歩き続けた。ドロシーが眠りに落ちた時には、ライオンの眠気の限界が近く、犬のトトはドロシーの傍で倒れていた。しかし生身の […]
  • 力尽きたライオン『#64_オズの魔法使い』
    Last Updated on 2020-12-15 あらすじ 案山子と木こりの力ではライオンの巨体を運ぶことができないので、二人はライオンに急ぐよう言った。ライオンを見送った後、彼らは腕を椅子に見立ててドロシーとトトを […]
  • ライオンを動かせない『#65_オズの魔法使い』
    Last Updated on 2020-12-15 あらすじ 木こりと案山子はライオンを動かすことができず、ドロシーとトトを連れて安全な場所に移動した。花畑から十分に離れると、彼らはドロシーを地面に横たえて目覚めるのを […]
  • 山猫の狩り『#66_オズの魔法使い』
    Last Updated on 2020-12-15 あらすじ 案山子と木こりがドロシーの目覚めを待っていると、唸り声が聞こえた。その声はイエローワイルドキャットのもので、木こりは爛々と光るワイルドキャットの目を見て、そ […]
  • ネズミの女王『#67_オズの魔法使い』
    Last Updated on 2020-12-15 あらすじ 小さなネズミを追いかけるワイルドキャットに対して、木こりは斧を振って首を刎ねた。木こりに助けられたネズミは彼に感謝した。木こりには心が無いので、心を持つ人な […]
  • ネズミの恩人『#68_オズの魔法使い』
    Last Updated on 2020-12-15 あらすじ 木こりが助けたネズミは女王だった。彼女は集まってきた配下に命の恩人の望みを叶えるよう命令した。しかしトトが目を覚まして、ネズミたちに興奮して跳びかかってしま […]
  • ネズミの恩返し『#69_オズの魔法使い』
    Last Updated on 2020-12-15 あらすじ 木こりはトトを腕に抱えて、ネズミたちに安心するよう言った。トトから離れていたネズミたちは恐々戻ってきて、恩返しとして求める行動を尋ねた。 previous […]
  • 案山子の妙案『#70_オズの魔法使い』
    Last Updated on 2020-12-15 あらすじ 恩返しに何をすればいいのかとネズミに尋ねられたが、木こりは何も思いつかなかった。しかし脳が無いはずの案山子はライオンを助けてほしいと即答した。ライオンの事を […]
  • 木製の台車『#71_オズの魔法使い』
    Last Updated on 2020-12-15 あらすじ ネズミの女王は人員を集めるよう配下に命令を出した。そしてネズミたちが集まるころには、木こりがライオンを運ぶための台車を完成させていた。 previous p […]
  • ドロシーの見た光景『#72_オズの魔法使い』
    Last Updated on 2020-12-15 あらすじ ドロシーが目覚めると、自分の周りにいる沢山のネズミ達が目に入り、彼女はとても驚いた。案山子はドロシーにこれまでの経緯を話し、ネズミの女王とドロシーを引き合わ […]
  • ライオンを運び出す『#73_オズの魔法使い』
    Last Updated on 2020-12-15 あらすじ 案山子と木こりはネズミたちを台車に繋ぎ、ライオンが眠る場所へ向かった。重たいライオンをなんとか台車に引っ張り上げた後、すぐに女王はポピーの中から離れるようネ […]
  • ライオン救出作戦『#74_オズの魔法使い』
    Last Updated on 2020-12-15 あらすじ 沢山のネズミたちが力を合わせても、ライオンを乗せた台車は動かなかった。案山子と木こりが後ろから台車を押すことで、やっと動かすことができた。ライオンをポピーの […]
  • ライオンの復活『#75_オズの魔法使い』
    Last Updated on 2020-12-15 あらすじ ポピーの花畑から離れてしばらくすると、ライオンが目を覚ました。彼は自分が生きていることに喜び、どうやってポピーから離れることができたのか尋ねた。ドロシー達は […]
  • 緑色の地域『#76_オズの魔法使い』
    Last Updated on 2020-12-15 あらすじ ライオンの体調が回復した後、ドロシー達はレンガの道にたどり着き、そして再びエメラルドシティへと向かった。舗装された道を進むと、塀や家が緑色に塗られた地域に到 […]
  • 宿を求める『#77_オズの魔法使い』
    Last Updated on 2020-12-15 あらすじ ドロシー達は緑色を好む地域に到着した。夜を過ごす場所と食料を求めて、彼らは一軒の家を訪ねた。外を覗き見れる程度にドアを開けて、住人の女性がドロシーに応対した […]
  • 無害なライオン『#78_オズの魔法使い』
    Last Updated on 2020-12-15 あらすじ ドロシーは宿を借りる交渉を始めた。ライオンは友人であり、怖がりなので心配はいらないというドロシーの言葉に、家の住人である女性はドロシー達を家に招き入れた。 […]
  • 彼を見た者はいない『#79_オズの魔法使い』
    Last Updated on 2020-12-15 あらすじ ドロシー達が家に招き入れられると、そこには二人の子供と男性がいた。ドロシー達の目的地がエメラルドシティだと知り、男性は言う。オズは誰の前にも姿を現さないのだ […]
  • オズの姿かたちを尋ねる『#80_オズの魔法使い』
    Last Updated on 2020-12-15 あらすじ オズは他人の前に姿を現さないと聞き、いったいどんな人なのかとドロシーは尋ねた。オズの事を多少知っている男性は考え込み、オズは姿を変えて現れるので本当の姿を知 […]
  • 魔法使いには容易いこと『#81_オズの魔法使い』
    Last Updated on 2020-12-15 あらすじ 男性はオズを目指す理由を尋ねた。ドロシー達はそれぞれ理由を話すと、偉大なオズならば容易いことだと彼は請け負った。 previous page : オズの魔法 […]
  • ライオンはオーツ麦が嫌い『#82_オズの魔法使い』
    Last Updated on 2020-12-15 あらすじ 故郷に帰りたいけれど、その場所がわからないのだと悲しそうに言うドロシーに対して、オズならば必ずや送り返してくれるだろうと男性は励ました。夕食の準備が整い、彼 […]
  • 眩しい緑色の外壁『#83_オズの魔法使い』
    Last Updated on 2020-12-15 あらすじ 一晩の宿を借りて、ドロシー達は翌朝の早朝に旅立った。彼らは正面に緑の輝きを見つけて、ようやく旅の終わりが見えてきたのだと思った。彼らがエメラルドシティだと思 […]
  • エメラルドの大門『#84_オズの魔法使い』
    Last Updated on 2020-12-15 あらすじ 黄色レンガの道の行きつく先には大きな門があった。呼び鈴を押すと扉が開き、その先にはエメラルドに囲まれた部屋があり、中には緑色の小人が立っていた。 previ […]
  • エメラルドシティの門番『#85_オズの魔法使い』
    Last Updated on 2020-12-15 あらすじ エメラルドの部屋でドロシー達を出迎えた小人は、ドロシー達の目的を尋ねた。そして彼らの目的がオズに会う事だと聞き、緑色の小人は考え込んで言った。もしも無駄な要 […]
  • エメラルドシティの決まり事『#86_オズの魔法使い』
    Last Updated on 2020-12-15 あらすじ オズの居る宮殿へ案内する前に、メガネをかけなければならないと門番は言った。ドロシーが理由を尋ねると、エメラルドシティの輝きが目を眩ませるので、街の住人でさえ […]
  • エメラルドシティの街並み『#87_オズの魔法使い』
    Last Updated on 2020-12-15 あらすじ エメラルドシティは全てが緑色で、空も緑色に染まっていた。住人も緑の服を着て、緑がかった肌色だった。店の売り物も緑色で、なんと支払われる硬貨さえも緑色だった。 […]
  • エメラルドシティの宮殿『#88_オズの魔法使い』
    Last Updated on 2020-12-15 あらすじ エメラルドシティでは、皆が人力で物を運んでいた。ドロシー達は街の中心にある宮殿に案内された。そこは緑の制服を着た兵士が守っていて、ドロシー達の用件を彼に伝え […]
  • 謁見と滞在を許される『#89_オズの魔法使い』
    Last Updated on 2020-12-15 あらすじ オズに仕える兵士でさえも、彼に直接会ったことがなく、スクリーン越しに用件を伝えることしか許されていなかった。しかしドロシー達は無事に謁見の許可をもらい、旅の […]
  • 世界一かわいい小部屋『#90_オズの魔法使い』
    Last Updated on 2020-12-15 あらすじ ドロシーは仲間たちと別れ、トトを連れて自分に用意された部屋へと向かった。その部屋には快適なベッドと、香水を吹く噴水、花と本が置かれていた。暇を持て余したドロ […]
  • 素晴らしい部屋……『#91_オズの魔法使い』
    Last Updated on 2020-12-15 あらすじ ドロシーだけでなく、彼女の仲間たちもそれぞれ快適な部屋へと案内されたのだが、案山子には快も不快も関係なく、ただただ扉の前に立って時間を潰した。木こりは体の継 […]
  • 謁見の正装『#92_オズの魔法使い』
    Last Updated on 2020-12-15 あらすじ 宮殿に泊まった翌朝、ドロシーとトトは緑色の服を身に着けて王の間へ向かった。王の間の外には多くの人々が集まっていた。彼らは毎朝やってくるのだが、オズへの面会は […]
  • オズとの謁見の時『#93_オズの魔法使い』
    Last Updated on 2020-12-15 あらすじ 面会が許されるならばオズに会いたいというドロシーに対して、オズに伝言を持って行った兵士は会えることを保証した。合図が鳴り、ドロシーは王の間へ向かった。そこは […]
  • オズを名乗る巨大なアタマ『#94_オズの魔法使い』
    Last Updated on 2020-12-15 あらすじ ドロシーが王の間で最も注目したのは部屋の中央にある玉座だった。そこには人とは思えないほど大きな頭が乗っていて、手も足も体も付いていなかった。その巨大な頭はオ […]
  • ドロシーの望み『#95_オズの魔法使い』
    Last Updated on 2020-12-15 あらすじ オズを名乗る巨大な頭はドロシーを観察しながら質問を繰り返し、彼女が嘘をついていないと判断した。その後、頭はドロシーに望みを尋ねた。ドロシーはオズの国にいるよ […]
  • 魔法を使う対価『#96_オズの魔法使い』
    Last Updated on 2020-12-15 あらすじ なぜドロシーを助けなければならないのかとオズは尋ねた。そしてカンザスに戻すことを求めるならば、何かを支払わなければならないとドロシーに答えた。 previo […]
  • 唯一残った邪悪な魔女『#97_オズの魔法使い』
    Last Updated on 2020-12-15 あらすじ カンザスへ帰るために、何をすればいいのかとドロシーは尋ねた。オズの指示は、邪悪な魔女を排除することだった。ドロシーは無理難題に泣きだして、そんなことはできな […]
  • ドロシーに課せられた無理難題『#98_オズの魔法使い』
    Last Updated on 2020-12-15 あらすじ 家に送り返す条件を聞き、自分には無理だとドロシーは落胆した。そして待っていた仲間たちにオズとの会話を告げて、一人で部屋へと戻り、ベッドで涙を流した。 pre […]
  • 案山子が見たオズの姿『#99_オズの魔法使い』
    Last Updated on 2020-12-15 あらすじ ドロシーの次に案山子が呼び出された。彼が兵士に案内されて偉大な王の間に向かうと、玉座には翼の生えた美しい女性が居た。彼女はオズを名乗り、案山子の目的を尋ねた […]
  • オズの魔法使い記事一覧
    Last Updated on 2021-10-31