ヒュー・ロフティング『#1_ミセス・タブスのおはなし』和訳

あらすじ

むかしむかし、タブスという名前のおばあさんが森の端で一人暮らしをしていた。
彼女はパンクという名前のイヌ、ポンクという名前のアヒル、ピンクという名前のブタを飼っていた。

「ミセスタブスのおはなし」記事一覧 #1~#18

ミセスタブスのおはなし(対訳)
主語述語

Once upon a time, many, many years ago, there lived a very old woman and her name was Mrs. Tubbs.

The Story of Mrs. Tubbs by Hugh Lofting

むかしむかし、ずっと昔、とても高齢のおばあさんが暮らしていた。彼女の名前はミセス・タブスだ。

She lived on a little farm, way off in the country.

The Story of Mrs. Tubbs by Hugh Lofting

ミセス・タブスは辺境の地の小さな農場に住んでいた

Her little house stood on the edge of the woods, not very far from a village with a little church, and a little river with a little bridge over it, flowed close by the house.

The Story of Mrs. Tubbs by Hugh Lofting

彼女の小さな家は森の端に建っていた。小さな教会のある村からさほど離れておらず、小さな橋が架かった小川が家のそばに流れていた。

There was a barn too for cows and horses, only the woman hadn’t any cows or horses; she lived all alone with a dog and a duck and a pig.

The Story of Mrs. Tubbs by Hugh Lofting

牛や馬のための家畜小屋もあった。だたしタブスは牛や馬を一匹も飼っていなかった。
彼女は一匹のイヌとアヒル、そしてブタと一緒に一人きりで住んでいた

The dog’s name was Peter Punk, the duck’s name was Polly Ponk, and the pig’s name was Patrick Pink.

The Story of Mrs. Tubbs by Hugh Lofting

その犬の名前はピーター・パンク、そのアヒルの名前はポリー・ポンク、そしてそのブタの名前はパトリック・ピンクだ。

The old woman called them Punk, Ponk and Pink for short.

The Story of Mrs. Tubbs by Hugh Lofting

ミセス・タブスは彼らをパンク、ポンク、ピンクと略して呼んだ

Punk and Ponk had known one another for many years and were very good friends.

The Story of Mrs. Tubbs by Hugh Lofting

パンクとポンクは長年の知り合いで、親友だった

The pig they treated as a baby because they said he was very young and hadn’t much sense.

The Story of Mrs. Tubbs by Hugh Lofting

彼らはブタのピンクを赤ん坊のように扱った。彼らが言うには、ピンクは幼くて思慮が足りなかったから。

Reference : The Story of Mrs. Tubbs by Hugh Lofting(project gutenberg)
Japanese translation