(目標)読書百遍義自ずから見る

アヒルの料理『#5_ミセス・タブスのおはなし』対訳


Last Updated on 2022-06-23

storyline/今回のあらすじ

犬のパンクが火をおこし、アヒルのポンクが食材を料理した。それから彼らは洞窟の中に葉っぱのベッドを作り上げた。料理もベッドも上出来だった。

『The Story of Mrs. Tubbs」』contents page

The Story of Mrs. Tubbs 日本語訳
subject/predicate

“Now who’s going to do the cooking?” asked Punk.

The Story of Mrs. Tubbs by Hugh Lofting

「さあ、誰が料理するのですか?」パンクが尋ねた。

“Oh, I’ll do that,” said Ponk.

The Story of Mrs. Tubbs by Hugh Lofting

私が作るつもりです」ポンクは言った。

“Can you cook?” asked the dog.

The Story of Mrs. Tubbs by Hugh Lofting

「あなたは料理できるのですか?」イヌのパンクは尋ねた。

“Indeed I can,” said Polly Punk. “My Aunt Deborah used to cook at a hotel and she showed me how. You get the fire burning and I’ll soon have the fish fried.”

The Story of Mrs. Tubbs by Hugh Lofting

アヒルのポリーパンクは言った。「もちろんできます。私の叔母のデボアがホテルでよく料理していて、私に作り方を見せてくれたのです。あなたが火を起こしたので、私がすぐにその魚を焼きましょう

So very soon they had a nice meal ready of fried trout and truffles for the old lady.

The Story of Mrs. Tubbs by Hugh Lofting

あっという間に彼らはタブスおばあさんのために焼いたマスとトリュフの立派な料理を用意しておいた

“Now,” said Punk, “we must go into the cave and get a bed ready for Mrs. Tubbs.”

The Story of Mrs. Tubbs by Hugh Lofting

パンクは言った。「さあ、私たちはその洞窟に入って、タブスおばあさんのためにベッドを用意しなければなりません

So they went into the cave and made a fine, soft bed of leaves.

The Story of Mrs. Tubbs by Hugh Lofting

彼らは洞窟に入り、柔らかな葉っぱのベッドを作った

Reference : The Story of Mrs. Tubbs by Hugh Lofting(project gutenberg)
Japanese translation