アヒルの羽枕『#6_ミセス・タブスのおはなし』対訳

あらすじ

洞窟の中に寝床が準備された。枕をどうするかという話になり、アヒルのポンクは去年抜けた自分の羽を使おうと提案した。老いて毛が抜けたら、それを自分に貼り付けようと思い、取っておいたのだ。

「ミセスタブスのおはなし」記事一覧 #1~#18

The Story of Mrs. Tubbs 日本語訳
subject/predicate

“What shall we do for a pillow,” asked Punk. “Shall we use the pig, he would be nice and soft?”

The Story of Mrs. Tubbs by Hugh Lofting

イヌのパンクが尋ねた。「枕はどうしましょう?ブタを使いましょうか?手触り良く柔らかいでしょう?」

“No,” said Ponk, “I’m going to use him as a hot-water bottle.

The Story of Mrs. Tubbs by Hugh Lofting

アヒルのポンクが言った。「ダメです。湯たんぽとして使うのですから」

It’s very important to keep the old lady’s feet warm.

The Story of Mrs. Tubbs by Hugh Lofting

ポンク_「おばあさんの足を暖かくしておくことはとても大事です

But I have some feathers back home which will make a fine pillow.

The Story of Mrs. Tubbs by Hugh Lofting

ポンク_「上等な枕になる羽を元の家に置いてあります

They are some of my own which I kept last moulting season.”

The Story of Mrs. Tubbs by Hugh Lofting

ポンク_「去年の換毛期に確保しておいた自前の羽です

“What did you do that for?” asked Punk.

The Story of Mrs. Tubbs by Hugh Lofting

何のためにとっておいたのですか?」パンクは尋ねた。

“Well,” said the duck, standing first on one foot then on the other, “the fact is I’m not getting any younger myself and I thought that if, when I am very old, I should get bald, I could have them stuck on with glue or something.

The Story of Mrs. Tubbs by Hugh Lofting

最初に片足で立ち、それからもう片方の足で立って、アヒルのポンクは言った。
「私はもう若くありません。私が老いて羽が抜け落ちた時に、接着剤か何かで張り付ける羽があれば良いなと考えたのです」

I’ll fly over to the farm and fetch them. I know just where I put them: they’re in the left-hand drawer of my bureau under my lavender bonnet.”

The Story of Mrs. Tubbs by Hugh Lofting

ポンク_「私が農場へ飛んで羽を取ってきます。羽がある場所を知っているので。羽は私の机の左の引き出しにあります。私のラベンダーボンネットの下にある机です」

With a flap of her wings she flew over the tree-tops to the farm and in a minute was back again with the feathers in a bag.

The Story of Mrs. Tubbs by Hugh Lofting

羽ばたいて、アヒルのポンクは木々を越えて農場へ飛んだ。そしてバッグに詰めた羽を持ってすぐに戻ってきた

Reference : The Story of Mrs. Tubbs by Hugh Lofting(project gutenberg)
Japanese translation