カテゴリー
ミセスタブスのおはなし

命の恩人『#9_ミセス・タブスのおはなし』対訳

storyline/今回のあらすじ

三匹はネズミの王を捕まえて、ミセスタブスが彼に与えた恩を覚えているか尋ねた。彼は去年の夏にミセスタブスに助けられていた。(1)
三匹はミセスタブスの現状をネズミの王に伝えて、彼に協力を求めた。(2)

『The Story of Mrs. Tubbs」』contents page

The Story of Mrs. Tubbs 日本語訳
subject/predicate

“Now,” said the duck, “don’t be frightened.

The Story of Mrs. Tubbs by Hugh Lofting

アヒルのポンクが言った。「怖がらないで
1-1

Stay where you are and do as you are told and we won’t hurt you.

The Story of Mrs. Tubbs by Hugh Lofting

「じっとして、言われたとおりにしなさい。あなたを傷つけるつもりはありません
1-2

Listen. Do you remember, last summer, when you were stealing cheese from the pantry up at the farm, and you fell into a bucket of water and Mrs. Tubbs came and caught you? Do you remember?”

The Story of Mrs. Tubbs by Hugh Lofting

「聞いてください。去年の夏のことを覚えていますか?
あなたは農場の食品貯蔵室からチーズを盗んで、水桶に落ちました。そしてミセスタブスが現れて、あなたを捕まえました。覚えていますか?」
1-3

“Yes,” said Tommy Squeak, shaking the water off his whiskers, still very frightened.

The Story of Mrs. Tubbs by Hugh Lofting

覚えています」トミー・スキークはひげから水を滴らせながら言った。まだとても怯えていた。
1-4

“And she didn’t hurt you or give you to the cat. Do you remember?”

The Story of Mrs. Tubbs by Hugh Lofting

ミセスタブスはあなたを傷つけたり、猫にあげたりしませんでした。覚えていますか?」
1-5

“Yes,” said Tommy Squeak.

The Story of Mrs. Tubbs by Hugh Lofting

覚えています」トミー・スキークは言った。
1-6

“She let you go and told you never to come back again. Did she not?”

The Story of Mrs. Tubbs by Hugh Lofting

ミセスタブスはあなたを逃がし、二度と戻らないよう言いました。そうですね?」
1-7

“Yes,” said Tommy Squeak.

The Story of Mrs. Tubbs by Hugh Lofting

その通りです」トミー・スキークは言った。
1-8

“You know that she is the kindest woman to animals in all the world, don’t you?”

The Story of Mrs. Tubbs by Hugh Lofting

「知っての通り、ミセスタブスは世界一動物に優しい女性です。ですよね?」
1-9

“Yes,” said Tommy Squeak.

The Story of Mrs. Tubbs by Hugh Lofting

はい」トミー・スキークは言った。
1-10

“Allright,” said Polly. “Now listen. A red-faced booby from London Town has been sent down here to turn Mrs. Tubbs out of her house.

The Story of Mrs. Tubbs by Hugh Lofting

アヒルのポリーパンクは言った。「よろしい。聞いてください。ロンドンからやって来た赤ら顔の愚か者がミセスタブスを家から追い出すためにここへ送られてきました
2-1

She is terribly old, as you know; we have taken her up into the woods.

The Story of Mrs. Tubbs by Hugh Lofting

「知っての通り、ミセスタブスはとても高齢です。私たちは彼女を森に連れて行きました
2-2

But she won’t eat her food, she is so sad, and we can’t do a thing with her.

The Story of Mrs. Tubbs by Hugh Lofting

「しかし彼女は食べ物を食べようとしません。彼女はとても悲しんでいます。私たちは彼女に何もしてあげられません」
2-3

The Winter is coming on and we must get her back into the farm somehow.

The Story of Mrs. Tubbs by Hugh Lofting

「冬が近づきつつあります。私たちは彼女を農場に戻さなければなりません。どうにかして」
2-4

Now you are the king of the water-rats and this is what you must do: Call all the rats of the river together—every one of them—thousands of them, and take them to the farm.

The Story of Mrs. Tubbs by Hugh Lofting

「あなたはウォーターラットの王です。これがあなたのすべきことです。川のネズミたちを呼び集めて、農場に連れて行きなさい
2-5

Then worry the booby every way you can think of.

The Story of Mrs. Tubbs by Hugh Lofting

「それから考え付く限りの手段で農場の愚か者を悩ませなさい
2-6

Rattle the pans in the kitchen at night so he can’t sleep.

The Story of Mrs. Tubbs by Hugh Lofting

「夜にキッチンの鍋を鳴らしなさい。彼が眠れないように」
2-7

Pull the stuffing out of the chairs.

The Story of Mrs. Tubbs by Hugh Lofting

椅子から詰め物を抜きなさい
2-8

Eat holes in his best hat.

The Story of Mrs. Tubbs by Hugh Lofting

「彼の上等な帽子に穴を空けなさい
2-9

Do everything you can to drive him out.

The Story of Mrs. Tubbs by Hugh Lofting

彼を追い出すために全力を尽くしなさい
2-10

Then, if he goes back to London Town, we can put Mrs. Tubbs back on the farm.”

The Story of Mrs. Tubbs by Hugh Lofting

「そうして彼がロンドンに戻れば私たちは農場にミセスタブスを戻すことができます
2-11

“Allright,” said Tommy Squeak. “I’ll do my best for the old woman. She certainly ought to be put back on the farm.”

The Story of Mrs. Tubbs by Hugh Lofting

トミー・スキークは言った。「わかりました。おばあさんのためにベストを尽くします。彼女は農場に戻るべきです」
2-12

Reference : The Story of Mrs. Tubbs by Hugh Lofting(project gutenberg)
Japanese translation