ツバメの女王『#12_ミセス・タブスのおはなし』対訳

あらすじ

三匹はツバメの女王に出会い、助けを求めた。
女王のティリー・ツイッターはミセスタブスの家の軒下で毎年巣作りしていたので、彼女のために行動することを約束した。

「ミセスタブスのおはなし」記事一覧 #1~#18

The Story of Mrs. Tubbs 日本語訳
subject/predicate

As they were crossing the river this time before they got to the farm, they saw Tilly Twitter, the Queen of the Swallows, sitting on the corner of the bridge.

The Story of Mrs. Tubbs by Hugh Lofting

三匹が川を渡り、農場へ向かっていると、今度はツバメの女王、ティリー・ツイッターが橋の隅に座っているのを見つけた

“Good-morning!” said Tilly. “You all look very sad.”

The Story of Mrs. Tubbs by Hugh Lofting

ティリーが言った。「おはようございます!皆さんとても悲しそうですね

“Oh, Tilly,” said Punk, with tears in his eyes, “Mrs. Tubbs has been turned out of house and home.”

The Story of Mrs. Tubbs by Hugh Lofting

目に涙を浮かべて、パンクが言った。「ああ、ティリー、ミセスタブスが家を追い出されたのです

“Good gracious!” cried Tilly. “You don’t say! Who turned her out?”

The Story of Mrs. Tubbs by Hugh Lofting

ティリーは大声をあげた。「なんてことでしょう!誰が彼女を追い出したのですか?

“A man from London,” said Punk. “I call him ‘Beefsteak-and-Onions.’ Do you think you can do anything to help us get her back to the farm?”

The Story of Mrs. Tubbs by Hugh Lofting

パンクが言った。「ロンドンから来た男です。私は彼を『人でなし』と呼んでいます。彼女を農場に戻すために、何か手助けしてくれませんか?

“Certainly I’ll do my best,” said Tilly, pushing her crown further back on her head. “I have built my nest over the old woman’s door for three Springs now. I would hate to have her leave the farm for good. I’ll see what I can do.”

The Story of Mrs. Tubbs by Hugh Lofting

「もちろんです。私はベストを尽くしましょう
ティリーは言った。王冠を頭に押し上げて。
「私はおばあさんのドアの上に巣を作っています。三年間も。私は彼女に農場を去ってほしくありません。何ができるか見てみましょう」

Then she flew up into the air going round and round in circles. Higher and higher she flew and all the time she sang a beautiful song at the top of her voice.

The Story of Mrs. Tubbs by Hugh Lofting

それから、ティリーは空に舞い上がり、ぐるぐると円を描いた
高く高く、彼女は飛んで、飛びながら高い声で美しい歌を歌った

And this is the song she sang:
“The leaves are falling in the woods.
Go get your travelling rugs and hoods.
The Summer’s gone; the snow’ll soon be here.
It’s time to fly; but we’ll come back next year.”

The Story of Mrs. Tubbs by Hugh Lofting

これがその歌だ。
「森に葉が落ちた。
旅行用のラグとフードを手に入れろ。
夏が過ぎた。雪はもうすぐそこだ。
飛んでいく時間だ。しかし来年戻ってこよう」

Reference : The Story of Mrs. Tubbs by Hugh Lofting(project gutenberg)
Japanese translation