『#1_オズの魔法使い』和訳

あらすじ

 この話が書かれた当時、ワンダーテイルという新しい分類が登場した。それは昔ながらの教訓話を省き、娯楽性だけを詰め込んだ物語のことだ。『オズの魔法使い』は、そのような新しい物語として書かれた。
 ドロシーは叔父叔母と一緒にカンザスの小さな家に住んでいた。その簡素な家には彼らが生活するための1部屋と、竜巻避難用の小さな穴しかなかった。

ライマン・フランク・ボーム『オズの魔法使い』記事一覧 #1~#99

オズの魔法使い(対訳)
主語述語

Folklore, legends, myths and fairy tales have followed childhood through the ages, for every healthy youngster has a wholesome and instinctive love for stories fantastic, marvelous and manifestly unreal.

The Wonderful Wizard of Oz

 民間伝承、伝説、神話、おとぎ話は大昔から人の幼少期について描いてきた
健全な若者は突拍子もなく、信じられないような、明らかに非現実的な物語に健全で本能的な愛着を持っているからだ。

The winged fairies of Grimm and Andersen have brought more happiness to childish hearts than all other human creations.

The Wonderful Wizard of Oz

 グリムとアンデルセン童話の羽のある妖精たちは子供の心に幸せをもたらしてきた。他の全ての創作物以上に。

Yet the old time fairy tale, having served for generations, may now be classed as “historical” in the children’s library; for the time has come for a series of newer “wonder tales” in which the stereotyped genie, dwarf and fairy are eliminated, together with all the horrible and blood-curdling incidents devised by their authors to point a fearsome moral to each tale.

The Wonderful Wizard of Oz

 それにも関わらず、昔ながらのおとぎ話は、何世代にもわたって読まれているのに、子供図書館で『歴史もの』に分類されている
類型的なジーニ、ドワーフ、そしてフェアリーが排除された『ワンダーテイル』という新しいシリーズが登場したからだ。ぞっとするような教訓を教えるために『歴史もの』の執筆者によって考え出された恐ろしくて血も凍るような出来事も、一緒に省かれている。

Modern education includes morality; therefore the modern child seeks only entertainment in its wonder tales and gladly dispenses with all disagreeable incident.

The Wonderful Wizard of Oz

 近代の教育は道徳を含んでいる
 従って、近代の子供はそのワンダーテイルに娯楽だけを求めて、不愉快な出来事を喜んで省くのだ

Having this thought in mind, the story of “The Wonderful Wizard of Oz” was written solely to please children of today.

The Wonderful Wizard of Oz

 この考えを念頭に置いて、『オズの魔法使い』の物語は書かれた。今日の子供たちを喜ばせるためだけに。

It aspires to being a modernized fairy tale, in which the wonderment and joy are retained and the heartaches and nightmares are left out.

The Wonderful Wizard of Oz

 近代化したおとぎ話になることを切に願う。この物語には驚きと喜びが保持されていて、悲嘆と悪夢が省かれている。

L. Frank Baum
Chicago, April, 1900.


本文

Dorothy lived in the midst of the great Kansas prairies, with Uncle Henry, who was a farmer, and Aunt Em, who was the farmer’s wife.

The Wonderful Wizard of Oz

 ドロシーは広大なカンザス大平原の真ん中に住んでいた。叔父のヘンリー、叔母のエムと一緒に。彼は農夫で、彼女はその農夫の妻だ。

Their house was small, for the lumber to build it had to be carried by wagon many miles.

The Wonderful Wizard of Oz

 彼らの家は小さかった。ワゴンに乗せて何マイルも家を建てるための材木を運ばなければならなかったからだ。

There were four walls, a floor and a roof, which made one room; and this room contained a rusty looking cookstove, a cupboard for the dishes, a table, three or four chairs, and the beds.

The Wonderful Wizard of Oz

 4枚の壁と、1枚の床と屋根があり、そしてそれが1部屋になった
 この部屋には、錆びた外観の料理用ストーブ1つ、食器棚1つ、テーブル1つ、イスが3つか4つ、そして家人のベッドがあった。

Uncle Henry and Aunt Em had a big bed in one corner, and Dorothy a little bed in another corner.

The Wonderful Wizard of Oz

 叔父のヘンリーと叔母のエムは片方の角に大きなベッドがあった。
 ドロシーはもう片方の角に小さなベッドがあった。

There was no garret at all, and no cellar–except a small hole dug in the ground, called a cyclone cellar, where the family could go in case one of those great whirlwinds arose, mighty enough to crush any building in its path.

The Wonderful Wizard of Oz

 屋根裏部屋も、地下室も無かった。サイクロンセラーという、地面に掘ってある小さな穴を除いて。経路上の建物を壊すくらい強力な巨大竜巻が発生した場合には、家族はそこに逃げることができる。

It was reached by a trap door in the middle of the floor, from which a ladder led down into the small, dark hole.

The Wonderful Wizard of Oz

 床の真ん中にあるトラップドアがサイクロンセラーに繋がっていた。トラップドアからハシゴが伸びていた。その小さく暗い穴に。

reference : The Wonderful Wizard of Oz by L. Frank Baum (project gutenberg)
Japanese translation