オズの住人との別れ『#14_オズの魔法使い』和訳

oz14
handwriting

今回のあらすじ

北の魔女はドロシーのひたいにキスをして、光る印を残した。彼女はドロシーに、オズと会っても恐れずに話をするよう助言して、別れを告げた。
マンチキンたちは徒歩で帰っていったが、魔女はその場で消えていった。魔女の帰宅方法はドロシーの予想した通りだった。

the previous page : オズの魔法使い#13

the next page : オズの魔法使い#15

the contents page : オズの魔法使い記事一覧


#14 The Wonderful Wizard of Oz 日本語訳
主語述語・修飾語
The Council with the Munchkins

She came close to Dorothy and kissed her gently on the forehead.

The Wonderful Wizard of Oz by L. Frank Baum

北の魔女はドロシーに近づいて、彼女のひたいに優しくキスした

Where her lips touched the girl they left a round, shining mark, as Dorothy found out soon after.

The Wonderful Wizard of Oz by L. Frank Baum

魔女の唇は触れた場所に丸く輝く印を残した。ドロシーはすぐに気がついた。


“The road to the City of Emeralds is paved with yellow brick,” said the Witch, “so you cannot miss it. When you get to Oz do not be afraid of him, but tell your story and ask him to help you. Good-bye, my dear.”

The Wonderful Wizard of Oz by L. Frank Baum

「エメラルドシティへの道は黄色いレンガが敷いてあるのですぐにわかります
オズに会った時に、彼を恐れずに、あなたの事情を話し、彼に助けを求めなさい。さようなら」北の魔女は言った。

The three Munchkins bowed low to her and wished her a pleasant journey, after which they walked away through the trees.

The Wonderful Wizard of Oz by L. Frank Baum

三人のマンチキンたちはドロシーに深くお辞儀をして、彼女のために楽しい旅路を願った。その後、彼らは木々の向こうに歩き去った。

The Witch gave Dorothy a friendly little nod, whirled around on her left heel three times, and straightway disappeared, much to the surprise of little Toto, who barked after her loudly enough when she had gone, because he had been afraid even to growl while she stood by.

The Wonderful Wizard of Oz by L. Frank Baum

魔女はドロシーに親し気に小さく頷いて、左のかかとで三回まわりすぐに姿を消した
小さなトトはとても驚いて、魔女が消えるとドロシーの後ろでたくさん吠えた。魔女がそばにいる間は、怖くて唸ることさえできなかったからだ。


But Dorothy, knowing her to be a witch, had expected her to disappear in just that way, and was not surprised in the least.

The Wonderful Wizard of Oz by L. Frank Baum

しかし彼女が魔女であることを知っていたドロシーは魔女が消えて帰るものだと予想していて、ちっとも驚かなかった

reference : The Wonderful Wizard of Oz by L. Frank Baum (project gutenberg)
Japanese translation