カテゴリー
オズの魔法使い

案山子が唯一恐れるモノ『#22_オズの魔法使い』

あらすじ

案山子は藁の身体が傷つけられることを恐れない。彼が耐えられないのは愚か者だと言われることだけだ。ドロシーは不憫に思い、案山子の力になれるかをオズに尋ねると約束した。
彼らは共にエメラルドシティへと向かったが、トトは案山子に対して友好的ではなかった。トトは時々唸り声を上げたが、案山子は火のついたマッチ以外に恐れる物は何もなかった。

previous page : オズの魔法使い#21

next page : オズの魔法使い#23

list of articles : オズの魔法使い記事一覧


#22 The Wonderful Wizard of Oz 日本語訳
主語・述語・修飾語
How Dorothy Saved the Scarecrow

“That is true,” said the Scarecrow.

The Wonderful Wizard of Oz by L. Frank Baum

「その通りですね」案山子は言った。

“You see,” he continued confidentially, “I don’t mind my legs and arms and body being stuffed, because I cannot get hurt.

The Wonderful Wizard of Oz by L. Frank Baum

「私は詰め物をした足と腕と体が嫌いではありません。なぜなら怪我をすることがないのですから」

If anyone treads on my toes or sticks a pin into me, it doesn’t matter, for I can’t feel it.

The Wonderful Wizard of Oz by L. Frank Baum

「誰かが私のつま先を踏んだり、私にピンを刺したとしても、たいしたことではありません。私はそれを感じないのですから」

But I do not want people to call me a fool, and if my head stays stuffed with straw instead of with brains, as yours is, how am I ever to know anything?”

The Wonderful Wizard of Oz by L. Frank Baum

「しかし私は人に愚か者だと言われたくありません。もしも私の頭に、藁の代わりに貴方のような頭脳が詰められているならば、私はどんなことでもわかるようになりますか?」


“I understand how you feel,” said the little girl, who was truly sorry for him.

The Wonderful Wizard of Oz by L. Frank Baum

「あなたの気持ちがわかります」少女は気の毒になり、彼に言った。

“If you will come with me I’ll ask Oz to do all he can for you.”

The Wonderful Wizard of Oz by L. Frank Baum

「あなたが私と一緒に来るのなら、あなたにできる事がないかをオズに尋ねましょう」


“Thank you,” he answered gratefully.

The Wonderful Wizard of Oz by L. Frank Baum

「ありがとうございます」彼は感謝して答えた。


They walked back to the road. Dorothy helped him over the fence, and they started along the path of yellow brick for the Emerald City.

The Wonderful Wizard of Oz by L. Frank Baum

彼らは道路に戻った。ドロシーは柵の向こう側で案山子を手伝い、彼らはエメラルドシティにつながる黄色いレンガの道を歩き始めた。


Toto did not like this addition to the party at first.

The Wonderful Wizard of Oz by L. Frank Baum

最初、トトはこの同行者をよく思っていなかった。

He smelled around the stuffed man as if he suspected there might be a nest of rats in the straw, and he often growled in an unfriendly way at the Scarecrow.

The Wonderful Wizard of Oz by L. Frank Baum

トトは案山子を嗅ぎまわった。まるで藁の中にネズミの巣があるとでもいうように。そして、しばしば彼は案山子に友好的ではないことを表現して唸り声を上げた。


“Don’t mind Toto,” said Dorothy to her new friend. “He never bites.”

The Wonderful Wizard of Oz by L. Frank Baum

「トトを気にしないで」ドロシーは新たな友人に伝えた。「彼は決して噛みつきません」


“Oh, I’m not afraid,” replied the Scarecrow.

The Wonderful Wizard of Oz by L. Frank Baum

「怖がっていませんよ」案山子は答えた。

“He can’t hurt the straw. Do let me carry that basket for you. I shall not mind it, for I can’t get tired. I’ll tell you a secret,” he continued, as he walked along.

The Wonderful Wizard of Oz by L. Frank Baum

「彼は藁を傷つけることができません。あなたの代わりに、私にそのバスケットを持たせてください。私はそれを迷惑だと思いません。疲れないのですから。私は貴女に秘密を伝えましょう」彼は歩きながら続けた。

“There is only one thing in the world I am afraid of.”

The Wonderful Wizard of Oz by L. Frank Baum

「私が恐れるのはこの世でたった一つです」


“What is that?” asked Dorothy; “the Munchkin farmer who made you?”

The Wonderful Wizard of Oz by L. Frank Baum

「それは何ですか?」ドロシーは尋ねた。「あなたを作ったマンチカンの農夫ですか?」

“No,” answered the Scarecrow; “it’s a lighted match.”

The Wonderful Wizard of Oz by L. Frank Baum

「いいえ」案山子は答えた。「それは火のつけられたマッチです」

source : The Wonderful Wizard of Oz by L. Frank Baum
出典:オズの魔法使い
著者:ライマン・フランク・ボーム
Japanese translation
This site helps you learn Japanese