カテゴリー
オズの魔法使い

ブリキの木こりの身の上話3『#36_オズの魔法使い』

あらすじ

ブリキの身体を手に入れた木こりは錆びないように気を付けていた。しかしある時、嵐に巻き込まれて錆びてしまい、森の中で固まってしまった。動けない間、木こりは心を失ったことを後悔した。恋していたときが最も幸せな時だったからだ。
知能が欲しい案山子と、心が欲しい木こりの話し合いを聞きながら、ドロシーは食料が足りないことを気にしていた。

previous page : オズの魔法使い#35

next page : オズの魔法使い#37

list of articles : オズの魔法使い記事一覧


#36 The Wonderful Wizard of Oz 日本語訳
主語・述語・修飾語
The Rescue of the Tin Woodman

“My body shone so brightly in the sun that I felt very proud of it and it did not matter now if my axe slipped, for it could not cut me.

The Wonderful Wizard of Oz by L. Frank Baum

「私の身体は太陽の中でまぶしく光り輝き、私はそれをとても嬉しく思いました。もう斧が滑っても関係ありません。私を傷つけることができないのですから」

There was only one danger–that my joints would rust; but I kept an oil-can in my cottage and took care to oil myself whenever I needed it.

The Wonderful Wizard of Oz by L. Frank Baum

「唯一、関節が錆びるという危険性がありました。しかし私は小屋に油差しを備え、必要な時に油をさすように気を付けました」

However, there came a day when I forgot to do this, and, being caught in a rainstorm, before I thought of the danger my joints had rusted, and I was left to stand in the woods until you came to help me.

The Wonderful Wizard of Oz by L. Frank Baum

「しかしながら、私が油差しを忘れる日がやってきました。関節が錆びるという危険性に気づく前に嵐に巻き込まれ、あなたが私を助けにくるまで、私は森の中に取り残されました」

It was a terrible thing to undergo, but during the year I stood there I had time to think that the greatest loss I had known was the loss of my heart.

The Wonderful Wizard of Oz by L. Frank Baum

「それはひどい経験でした。しかし私がそこに立っていた間に、最大の損失は心を失くしてしまったことであると考える時間がありました」

While I was in love I was the happiest man on earth; but no one can love who has not a heart, and so I am resolved to ask Oz to give me one.

The Wonderful Wizard of Oz by L. Frank Baum

「恋に落ちていた時、私はこの世で最も幸せな男でした。しかし心を持たない者は誰も愛することができません。私はオズに心を与えてくれるよう頼むことを決めています」

If he does, I will go back to the Munchkin maiden and marry her.”

The Wonderful Wizard of Oz by L. Frank Baum

「彼が与えてくれるなら、私はマンチカンの女性の元へ戻り、彼女と結婚します」


Both Dorothy and the Scarecrow had been greatly interested in the story of the Tin Woodman, and now they knew why he was so anxious to get a new heart.

The Wonderful Wizard of Oz by L. Frank Baum

ドロシーと案山子の両者はブリキの木こりの物語に大変興味を持っていた。そしてなぜ彼が新しい心を手に入れたいと切望しているのかを知った。


“All the same,” said the Scarecrow, “I shall ask for brains instead of a heart; for a fool would not know what to do with a heart if he had one.”

The Wonderful Wizard of Oz by L. Frank Baum

「それでも、私は心の代わりに知能を求めます。愚か者は心を備えても何をするかがわからないからです」案山子が言った。


“I shall take the heart,” returned the Tin Woodman; “for brains do not make one happy, and happiness is the best thing in the world.”

The Wonderful Wizard of Oz by L. Frank Baum

「私は必ず心を手に入れます」ブリキの木こりは答えた。「知能は幸せになりません。幸福はこの世で一番いいものです」


Dorothy did not say anything, for she was puzzled to know which of her two friends was right, and she decided if she could only get back to Kansas and Aunt Em, it did not matter so much whether the Woodman had no brains and the Scarecrow no heart, or each got what he wanted.

The Wonderful Wizard of Oz by L. Frank Baum

ドロシーはどちらが正しいとも言えず、何も言わなかった。彼女はカンザスへ戻ることができるのなら、どちらが何を手に入れようとも、それほど影響がないと判断していた。


What worried her most was that the bread was nearly gone, and another meal for herself and Toto would empty the basket.

The Wonderful Wizard of Oz by L. Frank Baum

彼女が最も困ったのは、パンがほとんど残っていないということでした。パン以外の食事はバスケットに入っていなかったのです。

To be sure, neither the Woodman nor the Scarecrow ever ate anything, but she was not made of tin nor straw, and could not live unless she was fed.

The Wonderful Wizard of Oz by L. Frank Baum

確かに、木こりも案山子も食事をしませんでした。しかし彼女はブリキでも藁でもないので、食べ物を食べなければ生きることができません。

source : The Wonderful Wizard of Oz by L. Frank Baum
出典:オズの魔法使い
著者:ライマン・フランク・ボーム
Japanese translation
This site helps you learn Japanese