カテゴリー
オズの魔法使い

森の中の唸り声『#37_オズの魔法使い』

あらすじ

ドロシー達は森の中の荒れた道を歩き続けた。彼女は森の中の野生動物の声にたびたび驚かされた。
エメラルドシティまでの距離を知る者はいなかったが、木こりの父親はそこへ行ったことがあったので、彼は父親の言葉を一行に話して聞かせた。

previous page : オズの魔法使い#36

next page : オズの魔法使い#38

list of articles : オズの魔法使い記事一覧


#37 The Wonderful Wizard of Oz 日本語訳
主語・述語・修飾語
The Cowardly Lion

All this time Dorothy and her companions had been walking through the thick woods.

The Wonderful Wizard of Oz by L. Frank Baum

ドロシーと仲間たちは深い森の中をずっと歩いていた。

The road was still paved with yellow brick, but these were much covered by dried branches and dead leaves from the trees, and the walking was not at all good.

The Wonderful Wizard of Oz by L. Frank Baum

道は黄色いレンガで舗装されていたが、枯れ枝と枯れ葉に覆われていた。歩くことは少しも楽ではなかった。


There were few birds in this part of the forest, for birds love the open country where there is plenty of sunshine.

The Wonderful Wizard of Oz by L. Frank Baum

この森には僅かな鳥しかいなかった。鳥たちは日の光の豊かな開かれた土地が好きだからだ。

But now and then there came a deep growl from some wild animal hidden among the trees.

The Wonderful Wizard of Oz by L. Frank Baum

時折、木々の中に隠れた野生動物の唸り声が聞こえてきた。

These sounds made the little girl’s heart beat fast, for she did not know what made them; but Toto knew, and he walked close to Dorothy’s side, and did not even bark in return.

The Wonderful Wizard of Oz by L. Frank Baum

これらの音は小さな少女の鼓動を激しくさせた。彼女は音の正体を知らなかったからだ。しかしトトは知っていた。彼はドロシーのそばに寄り添い、とくに吠えることもなかった。


“How long will it be,” the child asked of the Tin Woodman, “before we are out of the forest?”

The Wonderful Wizard of Oz by L. Frank Baum

「私たちが森の外に出るまでどれくらいですか?」ドロシーはブリキの木こりに尋ねた。


“I cannot tell,” was the answer, “for I have never been to the Emerald City.

The Wonderful Wizard of Oz by L. Frank Baum

「わかりません。私は一度もエメラルドシティに行ったことがないのです」

But my father went there once, when I was a boy, and he said it was a long journey through a dangerous country, although nearer to the city where Oz dwells the country is beautiful.

The Wonderful Wizard of Oz by L. Frank Baum

「しかし私の父は私が少年だった頃に一度行きました。彼は言いました。危険な国を通る長い旅だったと。しかしオズの住む都市に近づくほど美しくなります」

But I am not afraid so long as I have my oil-can, and nothing can hurt the Scarecrow, while you bear upon your forehead the mark of the Good Witch’s kiss, and that will protect you from harm.”

The Wonderful Wizard of Oz by L. Frank Baum

「私は油差しがある間は心配ありませんし、案山子は怪我をしません。あなたは額に善良な魔女の印がありますし、それはあなたを悪意から守るでしょう」


“But Toto!” said the girl anxiously. “What will protect him?”

The Wonderful Wizard of Oz by L. Frank Baum

「でもトトを守るものは?」少女は心配そうに言った。

“We must protect him ourselves if he is in danger,” replied the Tin Woodman.

The Wonderful Wizard of Oz by L. Frank Baum

「彼が危機に陥るならば、我々が彼を守らなければなりません」ブリキの木こりが返事をした。

source : The Wonderful Wizard of Oz by L. Frank Baum
出典:オズの魔法使い
著者:ライマン・フランク・ボーム
Japanese translation
This site helps you learn Japanese