カテゴリー
オズの魔法使い

臆病者の自覚を持つライオン『#38_オズの魔法使い』

あらすじ

突然、森からライオンが飛び出してきて案山子と木こりを叩き飛ばした。トトがライオンに飛び掛かり、ライオンがトトに牙を剥いた。ドロシーはトトの身を案じて飛び出し、ライオンの鼻を叩いて、自分よりもか弱い存在に牙を剥く臆病者だと食って掛かった。

previous page : オズの魔法使い#37

next page : オズの魔法使い#39

list of articles : オズの魔法使い記事一覧


#38 The Wonderful Wizard of Oz 日本語訳
主語・述語・修飾語
The Cowardly Lion

Just as he spoke there came from the forest a terrible roar, and the next moment a great Lion bounded into the road.

The Wonderful Wizard of Oz by L. Frank Baum

木こりが言った途端、森から恐ろしい咆哮が聞こえ、次の瞬間、大きなライオンが道に飛び出した。

With one blow of his paw he sent the Scarecrow spinning over and over to the edge of the road, and then he struck at the Tin Woodman with his sharp claws.

The Wonderful Wizard of Oz by L. Frank Baum

肉球の一撃でライオンは案山子を道の端までグルグルと転がし、それから鋭い爪でブリキの木こりに襲い掛かった。

But, to the Lion’s surprise, he could make no impression on the tin, although the Woodman fell over in the road and lay still.

The Wonderful Wizard of Oz by L. Frank Baum

しかし驚くことに、ライオンはブリキの身体に何の傷跡も付けられなかった。しかしながら、木こりは道路に転がり、動かなかった。


Little Toto, now that he had an enemy to face, ran barking toward the Lion, and the great beast had opened his mouth to bite the dog, when Dorothy, fearing Toto would be killed, and heedless of danger, rushed forward and slapped the Lion upon his nose as hard as she could, while she cried out:

The Wonderful Wizard of Oz by L. Frank Baum

敵意のある表情を浮かべたリトルトトはライオンに向かって吠えながら走った。大きな獣は犬を噛もうとして口を開けていた。その時、トトが殺されてしまうと恐れたドロシーは危険を顧みずに走り出て精一杯強くライオンの鼻を叩いた。叫び声を上げながら。

“Don’t you dare to bite Toto! You ought to be ashamed of yourself, a big beast like you, to bite a poor little dog!”

The Wonderful Wizard of Oz by L. Frank Baum

「トトに咬みつくな!お前のような大きな獣がかわいそうな子犬を噛むなど、恥であることを自覚することになるだろう!」


“I didn’t bite him,” said the Lion, as he rubbed his nose with his paw where Dorothy had hit it.

The Wonderful Wizard of Oz by L. Frank Baum

「私は彼を咬んでいません」ドロシーに叩かれた鼻を撫でながらライオンは言った。


“No, but you tried to,” she retorted. “You are nothing but a big coward.”

The Wonderful Wizard of Oz by L. Frank Baum

「でもあなたは咬もうとしました。あなたは取るに足らない臆病者です」彼女は言った。


“I know it,” said the Lion, hanging his head in shame. “I’ve always known it. But how can I help it?”

The Wonderful Wizard of Oz by L. Frank Baum

「わかっています」恥ずかしさに項垂れながら、ライオンは言った。「私は臆病者だとわかっていました。しかしどうすればいいのです?」


“I don’t know, I’m sure. To think of your striking a stuffed man, like the poor Scarecrow!”

The Wonderful Wizard of Oz by L. Frank Baum

「貧弱な案山子を攻撃したことを考えると、私にはどうすればいいかの見当もつきません」

source : The Wonderful Wizard of Oz by L. Frank Baum
出典:オズの魔法使い
著者:ライマン・フランク・ボーム
Japanese translation
This site helps you learn Japanese