a lesson『#43_オズの魔法使い』

studying a language

あらすじ

 木こりは顎が錆びてしまったことを教訓にして、歩くときに一層気を付けるようになった。

site map “The Wonderful Wizard of Oz”

オズの魔法使い
Original and Japanese translation

“This will serve me a lesson,” said he, “to look where I step. For if I should kill another bug or beetle I should surely cry again, and crying rusts my jaws so that I cannot speak.”

The Wonderful Wizard of Oz

「これは足元を見るべきだという教訓となります。もしも別の虫を殺してしまったら、私はきっとまた涙を流します。そして私のあごが錆びついて、喋れなくなるでしょうから」木こりが言いました。

Thereafter he walked very carefully, with his eyes on the road, and when he saw a tiny ant toiling by he would step over it, so as not to harm it.

The Wonderful Wizard of Oz

 それからというもの、木こりはとても慎重に歩きました。道に目を凝らして。そして小さなアリが苦労して進んでいるのを見ると、彼はそれを跨ぐのでした。傷つけないように。

The Tin Woodman knew very well he had no heart, and therefore he took great care never to be cruel or unkind to anything.

The Wonderful Wizard of Oz

 ブリキの木こりは良く分かっていました。自分にハートがない事を。それゆえ、彼は心無い行動をとらないよう気を使っていました。

“You people with hearts,” he said, “have something to guide you, and need never do wrong; but I have no heart, and so I must be very careful. When Oz gives me a heart of course I needn’t mind so much.”

The Wonderful Wizard of Oz

「ハートのある人たちは自分たちを導くモノを持っているので、間違いを犯すとは限りません。
 しかし私はハートが無いので、とても気をつけないといけないのです。オズがハートをくれれば、私はこんなに心配する必要がないのですが」木こりが言いました。

Reference : The Wonderful Wizard of Oz by L. Frank Baum(project gutenberg)
English – Japanese parallel translation and language learning