カテゴリー
オズの魔法使い

ブリキの木こりの教訓『#43_オズの魔法使い』

あらすじ

ブリキの木こりは歩くときも注意深く在らねばならないという教訓を得た。そして道の上でアリを見つけると跨いで避けた。良心を持たない木こりは、悪の道に進まないよう気を付けていた。

previous page : オズの魔法使い#42

next page : オズの魔法使い#44

list of articles ; オズの魔法使い記事一覧


#43 The Wonderful Wizard of Oz 日本語訳
主語・述語・修飾語
The Cowardly Lion

“This will serve me a lesson,” said he, “to look where I step. For if I should kill another bug or beetle I should surely cry again, and crying rusts my jaws so that I cannot speak.”

The Wonderful Wizard of Oz by L. Frank Baum

「これは私が足を踏み出す場所を確かめるための教訓となる。もしも私が他の虫や甲虫を潰したら、私はまた涙を流すだろうから。涙を流すことは私の顎を錆びつかせ、私はしゃべることができなくなる」


Thereafter he walked very carefully, with his eyes on the road, and when he saw a tiny ant toiling by he would step over it, so as not to harm it.

The Wonderful Wizard of Oz by L. Frank Baum

それ以降、彼はとても慎重に道を見て歩いた。そして道であくせく働く小さなアリを見つけると、彼はそれを傷つけないように跨いだものだ。

The Tin Woodman knew very well he had no heart, and therefore he took great care never to be cruel or unkind to anything.

The Wonderful Wizard of Oz by L. Frank Baum

ブリキの木こりは自分が心を持っていないことを十分に知っていた。それ故彼は残酷で不親切に決してならないよう気を付けていた。


“You people with hearts,” he said, “have something to guide you, and need never do wrong; but I have no heart, and so I must be very careful. When Oz gives me a heart of course I needn’t mind so much.”

The Wonderful Wizard of Oz by L. Frank Baum

「心ある貴方がたは良心を持っていて、悪を成すとは限りません。しかし私は心を持っていないので慎重でなければなりません。オズが私に心を与えてくれるなら、当然そんな心配はなくなります」

source : The Wonderful Wizard of Oz by L. Frank Baum
出典:オズの魔法使い
著者:ライマン・フランク・ボーム
Japanese translation
This site helps you learn Japanese