カテゴリー
オズの魔法使い

食料が底をつく『#44_オズの魔法使い』

あらすじ

ドロシー達は森の中で野宿をしなければならなかった。ドロシーは大きな木の下で火を熾して暖を取り、最後のパンを食べた。朝食の目途が立たなかったので、ライオンが狩りをしようかと提案したが、気の毒な獲物を思って木こりが狩りに反対した。

previous page : オズの魔法使い#43

next page : オズの魔法使い#45

list of articles : オズの魔法使い記事一覧


#44 The Wonderful Wizard of Oz 日本語訳
主語・述語・修飾語
The Journey to the Great Oz

They were obliged to camp out that night under a large tree in the forest, for there were no houses near.

The Wonderful Wizard of Oz by L. Frank Baum

彼らはその夜、森の中の大きな木の下で野宿しなければならなかった。近くに建物がなかったからだ。

The tree made a good, thick covering to protect them from the dew, and the Tin Woodman chopped a great pile of wood with his axe and Dorothy built a splendid fire that warmed her and made her feel less lonely.

The Wonderful Wizard of Oz by L. Frank Baum

その木は夜露をしのぐためのカバーになった。ブリキの木こりは斧で大量の薪を切り、ドロシーは体を温め孤独を感じさせないために大きな火を熾した。

She and Toto ate the last of their bread, and now she did not know what they would do for breakfast.

The Wonderful Wizard of Oz by L. Frank Baum

ドロシーとトトは最後のパンを食べた。一方で、彼女は朝食をどうするかの見通しが立たなかった。


“If you wish,” said the Lion, “I will go into the forest and kill a deer for you.

The Wonderful Wizard of Oz by L. Frank Baum

「もしも望むなら、私が森に入ってあなたのために鹿を狩ってきましょう」ライオンが言った。

You can roast it by the fire, since your tastes are so peculiar that you prefer cooked food, and then you will have a very good breakfast.”

The Wonderful Wizard of Oz by L. Frank Baum

「あなたは調理した食べ物のほうが好みであるという独特な嗜好を持っているので、それを火であぶればいいです。そうすれば、あなたは朝食をとれます」


“Don’t! Please don’t,” begged the Tin Woodman.

The Wonderful Wizard of Oz by L. Frank Baum

「お願いですから、よしてください」ブリキの木こりは懇願した。

“I should certainly weep if you killed a poor deer, and then my jaws would rust again.”

The Wonderful Wizard of Oz by L. Frank Baum

「あなたが気の毒な鹿を狩ってしまったら、私は必ずや涙を流すでしょう。そして私の顎は再び錆びつくでしょう」

source : The Wonderful Wizard of Oz by L. Frank Baum
出典:オズの魔法使い
著者:ライマン・フランク・ボーム
Japanese translation
This site helps you learn Japanese