カテゴリー
オズの魔法使い

案山子の最良のアイデア『#51_オズの魔法使い』

あらすじ

独りで立ち向かおうとするライオンを止めて、案山子は橋として崖にかかっている木を切るように木こりへ頼んだ。カリダ達が橋を渡り終える前に木こりは木を切り終えて、カリダ達は橋もろとも崖下に落ちていった。

previous page : オズの魔法使い#50

next page : オズの魔法使い#52

list of articles : オズの魔法使い記事一覧


#51 The Wonderful Wizard of Oz 日本語訳
主語・述語・修飾語
The Journey to the Great Oz

“Wait a minute!” called the Scarecrow.

The Wonderful Wizard of Oz by L. Frank Baum

「ちょっと待って!」案山子が呼び止めた。

He had been thinking what was best to be done, and now he asked the Woodman to chop away the end of the tree that rested on their side of the ditch.

The Wonderful Wizard of Oz by L. Frank Baum

案山子はどうするのが一番いいかを考えていた。彼は溝のこちら側に架けられた木の末端を切り離してほしいと木こりに頼んだ。

The Tin Woodman began to use his axe at once, and, just as the two Kalidahs were nearly across, the tree fell with a crash into the gulf, carrying the ugly, snarling brutes with it, and both were dashed to pieces on the sharp rocks at the bottom.

The Wonderful Wizard of Oz by L. Frank Baum

ブリキの木こりは直ぐに斧を使い始めた。そして2体のカリダが渡り終えそうになったその時、木は2体の獣を乗せたまま地面の割れ目に衝撃と共に落ちた。そして両者は地面の底の鋭い岩でバラバラになった。


“Well,” said the Cowardly Lion, drawing a long breath of relief, “I see we are going to live a little while longer, and I am glad of it, for it must be a very uncomfortable thing not to be alive. Those creatures frightened me so badly that my heart is beating yet.”

The Wonderful Wizard of Oz by L. Frank Baum

臆病者のライオンは長く安堵の息を吸いながら言った。「私たちはまだしばらく生きるみたいで、私は嬉しいです。なぜなら、生きられないという事はとても残念なことに違いないのだから。あの獣たちがひどく私を怖がらせたせいで動悸が収まりません」


“Ah,” said the Tin Woodman sadly, “I wish I had a heart to beat.”

The Wonderful Wizard of Oz by L. Frank Baum

ブリキの木こりは悲しげに言った。「ああ、鼓動を打つ心臓があればいいのに」

source : The Wonderful Wizard of Oz by L. Frank Baum
出典:オズの魔法使い
著者:ライマン・フランク・ボーム
Japanese translation
This site helps you learn Japanese