カテゴリー
オズの魔法使い

丸太の筏に乗り込む『#53_オズの魔法使い』

あらすじ

昏い森を抜けて眼前に広がる明るい土地に向かうために、ドロシー達は筏で大河を越えようとしていた。彼らはブリキの木こりが作った筏に乗り込んだ。ライオンの重さに筏が傾いたが、木こりと案山子が反対側に乗ってバランスをとった。

previous page : オズの魔法使い#52

next page : オズの魔法使い#54

list of articles : オズの魔法使い記事一覧


#53 The Wonderful Wizard of Oz 日本語訳
主語・述語・修飾語
The Deadly Poppy Field

Our little party of travelers awakened the next morning refreshed and full of hope, and Dorothy breakfasted like a princess off peaches and plums from the trees beside the river.

The Wonderful Wizard of Oz by L. Frank Baum

旅人達の小集団は希望に満ちた爽快な気分で翌朝目を覚ました。ドロシーは川沿いの木から桃とプラムを取って、お姫様のように朝食をとった。

Behind them was the dark forest they had passed safely through, although they had suffered many discouragements; but before them was a lovely, sunny country that seemed to beckon them on to the Emerald City.

The Wonderful Wizard of Oz by L. Frank Baum

彼らの後ろには、彼らが無事に通って来た暗い森があった。彼らは多くの妨害を受けたが、彼らの行く手には美しく明るい土地が広がっていて、彼らをエメラルドシティに手招きしているようだった。


To be sure, the broad river now cut them off from this beautiful land.

The Wonderful Wizard of Oz by L. Frank Baum

確かに、大河は美しい陸地から彼らを分断した。

But the raft was nearly done, and after the Tin Woodman had cut a few more logs and fastened them together with wooden pins, they were ready to start.

The Wonderful Wizard of Oz by L. Frank Baum

しかし筏はほとんど完成していた。ブリキの木こりがさらに丸太を切り、木製の留め具でそれらを繋いで、川を渡る準備が整った。

Dorothy sat down in the middle of the raft and held Toto in her arms.

The Wonderful Wizard of Oz by L. Frank Baum

ドロシーは筏の真ん中に座り、トトを抱きしめた。

When the Cowardly Lion stepped upon the raft it tipped badly, for he was big and heavy; but the Scarecrow and the Tin Woodman stood upon the other end to steady it, and they had long poles in their hands to push the raft through the water.

The Wonderful Wizard of Oz by L. Frank Baum

臆病なライオンが筏に足を踏み入れると、筏は大きく傾いた。彼は大きく重かったからだ。しかし案山子とブリキの木こりがバランスをとるために逆側に立った。そして彼らは筏を押すために長い棒を持った。

source : The Wonderful Wizard of Oz by L. Frank Baum
出典:オズの魔法使い
著者:ライマン・フランク・ボーム
Japanese translation
This site helps you learn Japanese