a Stork『#58_オズの魔法使い』

studying a language

あらすじ

 川を辿って行って、ドロシーたちは寂しそうにポールに座る案山子を見つけた。彼らは案山子を助ける方法がわからず、ずっと案山子を見つめていた。

site map “The Wonderful Wizard of Oz”

The Wonderful Wizard of Oz

Then they all looked at the river and saw the Scarecrow perched upon his pole in the middle of the water, looking very lonely and sad.

The Wonderful Wizard of Oz

 彼らが川を見ると、川の真ん中でポールに腰かけた案山子が一人ぼっちで悲しそうにしていました

“What can we do to save him?” asked Dorothy.

The Wonderful Wizard of Oz

「どうしたら彼を助けられるでしょう?」ドロシーが尋ねました

The Lion and the Woodman both shook their heads, for they did not know.

The Wonderful Wizard of Oz

 ライオンと木こりの二人は首を振りました。わからなかったからです。

So they sat down upon the bank and gazed wistfully at the Scarecrow until a Stork flew by, who, upon seeing them, stopped to rest at the water’s edge.

The Wonderful Wizard of Oz

 彼らは土手に座って、切なそうに案山子を見つめました一羽のコウノトリが彼らに気づいて近くに飛んでくるまでずっと。そのコウノトリは水辺で休むために立ち寄りました。

“Who are you and where are you going?” asked the Stork.

The Wonderful Wizard of Oz

「あなたたちは誰で、どこに行くのですか?」そのコウノトリが尋ねました

“I am Dorothy,” answered the girl, “and these are my friends, the Tin Woodman and the Cowardly Lion; and we are going to the Emerald City.”

The Wonderful Wizard of Oz

「私はドロシーです」少女が答えました。「彼らは私の友達のブリキの木こりと臆病なライオンです。私たちはエメラルドシティーに行くつもりです」

“This isn’t the road,” said the Stork, as she twisted her long neck and looked sharply at the queer party.

The Wonderful Wizard of Oz

「これはエメラルドシティーへの道ではありませんよ」首をひねって、厳しい目つきで怪しいパーティーを見て、コウノトリが言いました

Reference : The Wonderful Wizard of Oz by L. Frank Baum(project gutenberg)
English – Japanese parallel translation and language learning