カテゴリー
オズの魔法使い

危険な花の群生地『#62_オズの魔法使い』

あらすじ

ドロシー達はポピーの群生地の中に居た。ポピーの匂いを嗅いでいると眠ってしまい、離れなければ眠り続けることになることは有名だ。しかしドロシーはそれを知らず、だんだん眠くなった。

previous page : オズの魔法使い#61

next page : オズの魔法使い#63

list of articles : オズの魔法使い記事一覧


#62 The Wonderful Wizard of Oz 日本語訳
主語・述語・修飾語
The Deadly Poppy Field

They now came upon more and more of the big scarlet poppies, and fewer and fewer of the other flowers; and soon they found themselves in the midst of a great meadow of poppies.

The Wonderful Wizard of Oz by L. Frank Baum

彼らはさらに多くのポピーが咲き、他の花が少ない場所に到着した。ポピーの群生地の真っただ中なのだと、彼らはすぐに気がついた。

Now it is well known that when there are many of these flowers together their odor is so powerful that anyone who breathes it falls asleep, and if the sleeper is not carried away from the scent of the flowers, he sleeps on and on forever.

The Wonderful Wizard of Oz by L. Frank Baum

この花がたくさん集まっていると、匂いが強くなり、匂いを吸い込んだものはみんな眠りに落ちることはよく知られている。もしもこの花の匂いから離れられなければ、その者は永遠に眠り続けるのだ。

But Dorothy did not know this, nor could she get away from the bright red flowers that were everywhere about; so presently her eyes grew heavy and she felt she must sit down to rest and to sleep.

The Wonderful Wizard of Oz by L. Frank Baum

しかしドロシーはこれを知らなかったし、至る所にある鮮やかな赤い花から離れることができなかった。やがて彼女の目は重たくなり、休むために座るべきだと感じた。

But the Tin Woodman would not let her do this.

The Wonderful Wizard of Oz by L. Frank Baum

しかしブリキの木こりは彼女を休ませなかった。

source : The Wonderful Wizard of Oz by L. Frank Baum
出典:オズの魔法使い
著者:ライマン・フランク・ボーム
Japanese translation
This site helps you learn Japanese