カテゴリー
オズの魔法使い

ドロシーは眠りに落ちる『#63_オズの魔法使い』

あらすじ

一行はドロシーが眠りに落ちるその時まで歩き続けた。ドロシーが眠りに落ちた時には、ライオンの眠気の限界が近く、犬のトトはドロシーの傍で倒れていた。しかし生身の身体ではない案山子とブリキの木こりは花の影響を受けていなかった。

previous page : オズの魔法使い#62

next page : オズの魔法使い#64

list of articles : オズの魔法使い記事一覧


#63 The Wonderful Wizard of Oz 日本語訳
主語・述語・修飾語
The Deadly Poppy Field

“We must hurry and get back to the road of yellow brick before dark,” he said; and the Scarecrow agreed with him.

The Wonderful Wizard of Oz by L. Frank Baum

「私たちは急いで暗くなる前に黄色レンガの道へ戻らなければなりません」木こりは言った。そして案山子は木こりに賛同した。

So they kept walking until Dorothy could stand no longer.

The Wonderful Wizard of Oz by L. Frank Baum

なので彼らはドロシーの我慢の限界まで歩き続けた。

Her eyes closed in spite of herself and she forgot where she was and fell among the poppies, fast asleep.

The Wonderful Wizard of Oz by L. Frank Baum

ドロシーの目は彼女自身の意思に反して閉じて、居る場所も忘れてポピーの中で眠りに落ちた。

“What shall we do?” asked the Tin Woodman.

The Wonderful Wizard of Oz by L. Frank Baum

「どうしましょうか?」ブリキの木こりは尋ねた。


“If we leave her here she will die,” said the Lion.

The Wonderful Wizard of Oz by L. Frank Baum

「私たちが彼女をここに置いていったら、彼女は死んでしまいます」ライオンは言った。

“The smell of the flowers is killing us all. I myself can scarcely keep my eyes open, and the dog is asleep already.”

The Wonderful Wizard of Oz by L. Frank Baum

「この花の匂いが私たちの意識を奪っています。私自身、やっとの思いで自分の目を開けています。そして犬は既に眠っています」


It was true; Toto had fallen down beside his little mistress.

The Wonderful Wizard of Oz by L. Frank Baum

それは真実で、トトは小さな主人のそばで倒れていた。

But the Scarecrow and the Tin Woodman, not being made of flesh, were not troubled by the scent of the flowers.

The Wonderful Wizard of Oz by L. Frank Baum

しかし、生身ではない案山子とブリキの木こりは花の匂いに苦しんでいなかった。

source : The Wonderful Wizard of Oz by L. Frank Baum
出典:オズの魔法使い
著者:ライマン・フランク・ボーム
Japanese translation
This site helps you learn Japanese