カテゴリー
オズの魔法使い

山猫の狩り『#66_オズの魔法使い』

あらすじ

案山子と木こりがドロシーの目覚めを待っていると、唸り声が聞こえた。その声はイエローワイルドキャットのもので、木こりは爛々と光るワイルドキャットの目を見て、その獣が何かを追いかけているのだと判断した。ワイルドキャットが近づいてくるにつれて、それが何を追っているのか分かった。追いかけていたのは小さな野ねずみで、例えハートがなかろうとも、巨大な猫が小さなネズミを狩ろうとするのは間違っていると木こりは思った。

previous page : オズの魔法使い#65

next page : オズの魔法使い#67

list of articles : オズの魔法使い記事一覧


#66 The Wonderful Wizard of Oz 日本語訳
主語・述語・修飾語
The Queen of the Field Mice

“We cannot be far from the road of yellow brick, now,” remarked the Scarecrow, as he stood beside the girl, “for we have come nearly as far as the river carried us away.”

The Wonderful Wizard of Oz by L. Frank Baum

「我々は黄色レンガの道から離れるわけにはいきません」案山子は少女の脇に控えて言った。「流された川の付近にやってきているのですから」

The Tin Woodman was about to reply when he heard a low growl, and turning his head (which worked beautifully on hinges) he saw a strange beast come bounding over the grass toward them.

The Wonderful Wizard of Oz by L. Frank Baum

ブリキの木こりが答えようとした時、彼は低い唸り声を聞いた。そして振り向くと(関節は見事に動いた)草の上を跳ねて彼らのほうにやってくる奇妙な獣を見つけた。

It was, indeed, a great yellow Wildcat, and the Woodman thought it must be chasing something, for its ears were lying close to its head and its mouth was wide open, showing two rows of ugly teeth, while its red eyes glowed like balls of fire.

The Wonderful Wizard of Oz by L. Frank Baum

それは巨大なイエローワイルドキャットだった。木こりはワイルドキャットが何かを追いかけているのだと考えた。というのも、耳は頭にぴったりとくっつき、醜い二つの牙を見せながら口は大きく開いていたのに、その赤い瞳は火の玉のように輝いていたからだ。

As it came nearer the Tin Woodman saw that running before the beast was a little gray field mouse, and although he had no heart he knew it was wrong for the Wildcat to try to kill such a pretty, harmless creature.

The Wonderful Wizard of Oz by L. Frank Baum

それが近づいてきて、ブリキの木こりは小さな灰色の野ねずみが獣の前を走っているのに気がついた。彼はハートを持っていないにもかかわらず、ワイルドキャットがそのような可愛くあどけない生き物を狩ろうとすることは間違いであると確信していた。

source : The Wonderful Wizard of Oz by L. Frank Baum
出典:オズの魔法使い
著者:ライマン・フランク・ボーム
Japanese translation
This site helps you learn Japanese