カテゴリー
オズの魔法使い

ライオンの復活『#75_オズの魔法使い』

あらすじ

ポピーの花畑から離れてしばらくすると、ライオンが目を覚ました。彼は自分が生きていることに喜び、どうやってポピーから離れることができたのか尋ねた。ドロシー達はネズミたちの尽力を彼に話した。不思議なこともあるものだと言って、ライオンは笑った。

previous page : オズの魔法使い#74

next page : オズの魔法使い#76

list of articles : オズの魔法使い記事一覧


#75 The Wonderful Wizard of Oz 日本語訳
主語・述語・修飾語
The Guardian of the Gate

It was some time before the Cowardly Lion awakened, for he had lain among the poppies a long while, breathing in their deadly fragrance; but when he did open his eyes and roll off the truck he was very glad to find himself still alive.

The Wonderful Wizard of Oz by L. Frank Baum

臆病なライオンが目覚めるまで、しばらく時間がかかった。彼は長い間ポピーの中で命にかかわる香りを吸いながら横たわっていたからだ。しかし彼が目を開き、台車を降りたとき、自分がまだ生きていることに気づき、とても喜んだ。

“I ran as fast as I could,” he said, sitting down and yawning, “but the flowers were too strong for me. How did you get me out?”

The Wonderful Wizard of Oz by L. Frank Baum

「私は一生懸命に走りました」彼は座ってあくびをしながら言った。「しかし花は強すぎました。どうやって私を運び出したのですか?」

Then they told him of the field mice, and how they had generously saved him from death; and the Cowardly Lion laughed, and said:

The Wonderful Wizard of Oz by L. Frank Baum

彼らはライオンに野ネズミの事を話した。どのように野ネズミたちがライオンを死から救ったのか。臆病なライオンは笑って、言った。

“I have always thought myself very big and terrible; yet such little things as flowers came near to killing me, and such small animals as mice have saved my life. How strange it all is! But, comrades, what shall we do now?”

The Wonderful Wizard of Oz by L. Frank Baum

「私は自分がとても大きくて恐ろしい存在だと常々おもっていました。けれども、花のような小さなものが私を殺しかけたり、ネズミのような小さな動物が私の命を救ったのですね。なんて奇妙なのでしょう。みなさん、これからどうしましょう?」

source : The Wonderful Wizard of Oz by L. Frank Baum
出典:オズの魔法使い
著者:ライマン・フランク・ボーム
Japanese translation
This site helps you learn Japanese