無害なライオン『#78_オズの魔法使い』

あらすじ

ドロシーは宿を借りる交渉を始めた。ライオンは友人であり、怖がりなので心配はいらないというドロシーの言葉に、家の住人である女性はドロシー達を家に招き入れた。

ライマン・フランク・ボーム『オズの魔法使い』記事一覧 #1~#99


#78 The Wonderful Wizard of Oz 日本語訳
主語・述語・修飾語
The Guardian of the Gate

“We wish to pass the night with you, if you will allow us,” answered Dorothy; “and the Lion is my friend and comrade, and would not hurt you for the world.”

The Wonderful Wizard of Oz by L. Frank Baum

「もしよろしければ、一緒に夜を過ごしてほしいのです」ドロシーは答えた。「ライオンは私の友達であり仲間です。決してあなたを傷つけることはありません」

“Is he tame?” asked the woman, opening the door a little wider.

The Wonderful Wizard of Oz by L. Frank Baum

「彼は飼いならされているのですか?」隙間を広げて、女性は尋ねた。

“Oh, yes,” said the girl, “and he is a great coward, too. He will be more afraid of you than you are of him.”

The Wonderful Wizard of Oz by L. Frank Baum

「ええ、そうです」少女は言った。「そのうえ、彼はとても怖がりです。あなたが彼を怖がるよりも、彼のほうが余程あなたを怖がるでしょう」

“Well,” said the woman, after thinking it over and taking another peep at the Lion, “if that is the case you may come in, and I will give you some supper and a place to sleep.”

The Wonderful Wizard of Oz by L. Frank Baum

「なるほど」ライオンをコッソリ見て熟考した後で、女性は言った。「それなら入っていいですよ。いくらかの食事と寝る場所を与えましょう」