カテゴリー
オズの魔法使い

謁見の正装『#92_オズの魔法使い』

あらすじ

宮殿に泊まった翌朝、ドロシーとトトは緑色の服を身に着けて王の間へ向かった。王の間の外には多くの人々が集まっていた。彼らは毎朝やってくるのだが、オズへの面会は許されていなかった。

previous page : オズの魔法使い#91

next page : オズの魔法使い#93

list of articles : オズの魔法使い記事一覧


#92 The Wonderful Wizard of Oz 日本語訳
主語・述語・修飾語
The Wonderful City of Oz

The next morning, after breakfast, the green maiden came to fetch Dorothy, and she dressed her in one of the prettiest gowns, made of green brocaded satin.

The Wonderful Wizard of Oz by L. Frank Baum

翌朝の朝食後に、緑の乙女はドロシーを迎えに来た。彼女は緑色のサテンで作られた綺麗なガウンをドロシーに着せた。

Dorothy put on a green silk apron and tied a green ribbon around Toto’s neck, and they started for the Throne Room of the Great Oz.

The Wonderful Wizard of Oz by L. Frank Baum

ドロシーは緑色のシルクのエプロンを付けて、トトの首周りに緑のリボンを結び、偉大なオズの玉座へ向かった。


First they came to a great hall in which were many ladies and gentlemen of the court, all dressed in rich costumes.

The Wonderful Wizard of Oz by L. Frank Baum

彼らは大きなホールに到着した。そこには豪華な服装を着た紳士淑女が沢山いた。

These people had nothing to do but talk to each other, but they always came to wait outside the Throne Room every morning, although they were never permitted to see Oz.

The Wonderful Wizard of Oz by L. Frank Baum

その人々は何をするでもなく、ただ互いに話し合っていた。彼らは毎朝玉座の間の外にやってくるのだが、彼らはオズに会うことを許可されていなかった。

As Dorothy entered they looked at her curiously, and one of them whispered:

The Wonderful Wizard of Oz by L. Frank Baum

ドロシーが到着すると、彼らは不思議そうに彼女を見て、彼らの一人が囁いた。

“Are you really going to look upon the face of Oz the Terrible?”

The Wonderful Wizard of Oz by L. Frank Baum

「あなたは恐ろしいオズの顔を本当に見に行くつもりですか?」

“Of course,” answered the girl, “if he will see me.”

The Wonderful Wizard of Oz by L. Frank Baum

「もちろんです」少女は答えた。「彼が私に会ってくださるのなら」

source : The Wonderful Wizard of Oz by L. Frank Baum
出典:オズの魔法使い
著者:ライマン・フランク・ボーム
Japanese translation
This site helps you learn Japanese