カテゴリー
オズの魔法使い2

詐欺師の男『#154_オズの魔法使い』

今回のあらすじ

部屋に隠れていた小男は自分をオズだと名乗った。ドロシー達は以前見た姿を口に出して否定するが、小男は自分が騙った姿なのだと告白した。そして、偉大な魔法使いということになっているが、実は普通の人間なのだと言い放った。

previous page : オズの魔法使い#153

next page : オズの魔法使い#155

list of articles : オズの魔法使い記事一覧2

#154 The Wonderful Wizard of Oz 日本語訳
主語述語・修飾語

I am Oz, the Great and Terrible,” said the little man, in a trembling voice.

The Wonderful Wizard of Oz by L. Frank Baum

「私は偉大で恐ろしいオズだ」その小男は震える声で言った。

“But don’t strike me—please don’t—and I’ll do anything you want me to.”

The Wonderful Wizard of Oz by L. Frank Baum

オズ)「私を殴らないでください。何でもしますから」

Our friends looked at him in surprise and dismay.

The Wonderful Wizard of Oz by L. Frank Baum

ドロシー達は驚きと失望を持って彼を見ていた

“I thought Oz was a great Head,” said Dorothy.

The Wonderful Wizard of Oz by L. Frank Baum

「オズは巨大な頭なのだと思っていました」ドロシーは言った。

“And I thought Oz was a lovely Lady,” said the Scarecrow.

The Wonderful Wizard of Oz by L. Frank Baum

「オズは可愛らしい女性だと思っていました」案山子は言った。

“And I thought Oz was a terrible Beast,” said the Tin Woodman.

The Wonderful Wizard of Oz by L. Frank Baum

「オズは恐ろしい獣だと思っていました」ブリキの木こりは言った。

“And I thought Oz was a Ball of Fire,” exclaimed the Lion.

The Wonderful Wizard of Oz by L. Frank Baum

「オズは火の玉だと思っていました」ライオンは叫んだ。

“No, you are all wrong,” said the little man meekly. “I have been making believe.”

The Wonderful Wizard of Oz by L. Frank Baum

「いいえ、あなた方は全員間違っています」小男は小さな声で言った。
「私がそう信じさせていたのです」

“Making believe!” cried Dorothy. “Are you not a Great Wizard?”

The Wonderful Wizard of Oz by L. Frank Baum

「信じさせるだなんて!あなたは偉大な魔法使いではないのですか?」ドロシーは叫んだ。

“Hush, my dear,” he said. “Don’t speak so loud, or you will be overheard—and I should be ruined. I’m supposed to be a Great Wizard.”

The Wonderful Wizard of Oz by L. Frank Baum

オズ)「落ち着いて、そんな大きな声を出さないでください。立ち聞きされてしまったら、私は破滅です。私は偉大な魔法使いだということになっているのですから」

“And aren’t you?” she asked.

The Wonderful Wizard of Oz by L. Frank Baum

「あなたは偉大な魔法使いではないということですか?」ドロシーは尋ねた。

“Not a bit of it, my dear; I’m just a common man.”

The Wonderful Wizard of Oz by L. Frank Baum

オズ)「全然違います。私は普通の人間に過ぎません」

You’re more than that,” said the Scarecrow, in a grieved tone; “you’re a humbug.”

The Wonderful Wizard of Oz by L. Frank Baum

「あなたは普通の人間より質が悪い。あなたは詐欺師です」案山子は悲し気な口調で言った。

“Exactly so!” declared the little man, rubbing his hands together as if it pleased him. “I am a humbug.”

The Wonderful Wizard of Oz by L. Frank Baum

「その通りです!私は詐欺師なのです」
それが彼の望みであるかのように、手をこすり合わせながら小男は言い放った。

“But this is terrible,” said the Tin Woodman. “How shall I ever get my heart?”

The Wonderful Wizard of Oz by L. Frank Baum

「しかし、これは酷い。どうやって私はハートを手に入れればいいのでしょう」ブリキの木こりは言った。

“Or I my courage?” asked the Lion.

The Wonderful Wizard of Oz by L. Frank Baum

「どうやって勇気を手に入れればいいのでしょう?」ライオンは尋ねた。

“Or I my brains?” wailed the Scarecrow, wiping the tears from his eyes with his coat sleeve.

The Wonderful Wizard of Oz by L. Frank Baum

「どうやって頭脳を手に入れればいいのでしょう?」
案山子は眼からこぼれる涙を上着の袖で拭って嘆き悲しんだ。

source : The Wonderful Wizard of Oz by L. Frank Baum
出典:オズの魔法使い
著者:ライマン・フランク・ボーム
Japanese translation
This site helps you learn Japanese