カテゴリー
オズの魔法使い2

腹話術士の身の上話『#157_オズの魔法使い』

今回のあらすじ

オズは自分の身の上話を始めた。彼が出身地を話すと、ドロシーが反応した。ドロシーの家があるカンザスの近くだったからだ。

previous page : オズの魔法使い#156

next page : オズの魔法使い#158

list of articles : オズの魔法使い記事一覧2

#157 The Wonderful Wizard of Oz 日本語訳
主語述語・修飾語

So they sat down and listened while he told the following tale.

The Wonderful Wizard of Oz by L. Frank Baum

ドロシー達は腰をおろし、オズが下記の物語を話すのを聞いた

“I was born in Omaha—”

The Wonderful Wizard of Oz by L. Frank Baum

オズ)「私はオマハで生まれました

“Why, that isn’t very far from Kansas!” cried Dorothy.

The Wonderful Wizard of Oz by L. Frank Baum

「ああ、オマハはカンザスからそれほど離れていません!」ドロシーは叫んだ。

“No, but it’s farther from here,” he said, shaking his head at her sadly.

The Wonderful Wizard of Oz by L. Frank Baum

「でも、ここからは遠く離れた場所ですよね」オズは悲し気にドロシーに頭を振って言った。

“When I grew up I became a ventriloquist, and at that I was very well trained by a great master.

The Wonderful Wizard of Oz by L. Frank Baum

オズ)「私は成人すると腹話術士になりました。そして偉大な師匠から十分な訓練を受けました」

I can imitate any kind of a bird or beast.”

The Wonderful Wizard of Oz by L. Frank Baum

オズ)「私はどんな種類の鳥獣の声も真似ることができます

Here he mewed so like a kitten that Toto pricked up his ears and looked everywhere to see where she was.

The Wonderful Wizard of Oz by L. Frank Baum

オズは子猫のような鳴き声を出したので、トトは耳を立てて子猫がいる場所を探した。

“After a time,” continued Oz, “I tired of that, and became a balloonist.”

The Wonderful Wizard of Oz by L. Frank Baum

「しばらくして、私は腹話術士に飽きてバルーンニストになりましたオズは続けた。

“What is that?” asked Dorothy.

The Wonderful Wizard of Oz by L. Frank Baum

「それは何ですか?」ドロシーは尋ねた。

“A man who goes up in a balloon on circus day, so as to draw a crowd of people together and get them to pay to see the circus,” he explained.

The Wonderful Wizard of Oz by L. Frank Baum

「サーカスの日にバルーンに乗る人の事です。大勢の人を集めて、その人たちにサーカスを見せて料金を支払ってもらうのです」オズは説明した。

“Oh,” she said, “I know.”

The Wonderful Wizard of Oz by L. Frank Baum

「ああ、知っていますドロシーは言った。

source : The Wonderful Wizard of Oz by L. Frank Baum
出典:オズの魔法使い
著者:ライマン・フランク・ボーム
Japanese translation
This site helps you learn Japanese