カテゴリー
オズの魔法使い2

安全に跳び下りる方法『#196_オズの魔法使い』

今回のあらすじ

壁の上から降りる段になって、ドロシーたちは梯子が持ち上がらないことに気づいた。彼らは案山子をクッション代わりにして地面に跳び下り、つぶれてしまった案山子の体を治した。

previous page : オズの魔法使い#195

next page : オズの魔法使い#197

contents : オズの魔法使い記事一覧

#196 The Wonderful Wizard of Oz 日本語訳
主語述語・修飾語

No one did so much as look at the travelers at first, except one little purple china dog with an extra-large head, which came to the wall and barked at them in a tiny voice, afterwards running away again.

The Wonderful Wizard of Oz by L. Frank Baum

最初は誰もドロシーたちにまったく気づかなかった。巨大な頭を持った一匹の紫色の磁器の小さな犬を除いて。そしてその犬は壁へやってきて、小さな声で吠え、走り去った。

“How shall we get down?” asked Dorothy.

The Wonderful Wizard of Oz by L. Frank Baum

「どうやって下りればいいのでしょう?」ドロシーは尋ねた。

They found the ladder so heavy they could not pull it up, so the Scarecrow fell off the wall and the others jumped down upon him so that the hard floor would not hurt their feet.

The Wonderful Wizard of Oz by L. Frank Baum

彼らは梯子が重くて持ち上がらないことに気づいた。なので案山子が壁から落ちてドロシーたちは足を痛めないように案山子の上に跳び下りた

Of course they took pains not to light on his head and get the pins in their feet.

The Wonderful Wizard of Oz by L. Frank Baum

もちろん彼らは案山子の頭に当たり、足にピンが刺さらないよう気をつけた

When all were safely down they picked up the Scarecrow, whose body was quite flattened out, and patted his straw into shape again.

The Wonderful Wizard of Oz by L. Frank Baum

全員が無事に降りると、彼らは案山子を助け起こして藁を軽くたたいて元に戻した。案山子の体はすっかりつぶれていたのだ。

“We must cross this strange place in order to get to the other side,” said Dorothy, “for it would be unwise for us to go any other way except due South.”

The Wonderful Wizard of Oz by L. Frank Baum

「向こう側に行くために、私たちはこの奇妙な場所を横断すべきです。真南から逸れて進むのは賢くないでしょうから」ドロシーは言った。

source : The Wonderful Wizard of Oz by L. Frank Baum
出典:オズの魔法使い
著者:ライマン・フランク・ボーム
Japanese translation
This site helps you learn Japanese